◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、イヤフォン一体型で重さ35gの「ウォークマン W」

−新たな検索/再生機能「ZAPPIN」。ドラッグ&ドロップも


6月13日発売

標準価格:オープンプライス


 ソニーは、ウォークマンの新シリーズ「ウォークマンW」(NWD-W202)を6月13日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後の見込み。メモリ容量は2GB。本体カラーはブラック/ホワイト/ピンク/ライムグリーンの4色。

カラーは4色

 フレキシブルなネックバンド付きのカナル型イヤフォンとオーディオプレーヤーが一体型になった“ウェアラブル”ウォークマン。ディスプレイを搭載せず、楽曲をダイジェスト再生することで検索する新機能「ZAPPIN」を搭載し、「新しい提案型のウォークマン」としている。

 重量は約35g。通勤・通学や、ジョギングなどでの利用を主なターゲットとし、イヤフォンコードが気にならないことが特徴。サブ機としての利用も想定する。なお、防水/防滴機構は備えていない。再生に関する操作のほとんどはジョグダイヤルで行なう。

 再生フォーマットは、ATRAC/MP3/WMA/AAC/リニアPCM(WAV)。なお、DRM付きのファイルの再生には非対応で、従来のウォークマンとは異なりmoraで購入したATRAC楽曲や、着うたフルなども再生できない。

ブラックモデル 装着例 ジョグダイヤルなどの操作部

 再生時の独自機能として、楽曲のサビ部分のみを連続でダイジェスト再生するという「ZAPPIN」(ザッピン)を採用。これは、SonicStageを使った楽曲の「12音解析」を利用し、サビに相当すると判断された部分を抜き出して再生するもの。ロング/ショートの2モードを用意し、ロングは1曲につき15秒、ショートは4秒ずつ次々と再生される。

 ジョグダイヤルを長押しするとZAPPIN再生に移行。再び押し込む(短押し)と解除され、再生中の楽曲が曲頭から通常再生される。ディスプレイを持たないこのモデル向けの楽曲検索として提案しており、本体へ新たに複数の曲を追加したときに、好みの曲を探すといった使い方を想定する。

 

「ZAPPIN」再生に対応 背面 イヤフォン部(イヤーピースを外した状態)

 サビ検出を利用するには、付属する楽曲管理/転送ソフトの新バージョン「SonicStage 5.2」で楽曲解析してからウォークマンに転送することが必要。12音解析されていない楽曲を転送した場合、ZAPPINでは曲頭から45秒後の部分より再生する。SonicStage 5.2は、ウォークマンの本体メモリ内にソフトを収納した形で提供される。対応OSはWindows XP/Vista。
SonicStage 5.2

 SonicStage 5.2での転送のほか、ドラッグ&ドロップにも対応。8階層までのフォルダを認識して再生できる。なお、同社のコンポ「ネットジューク」からの転送には非対応。

 曲順を指定するプレイリスト再生には非対応で、再生順は楽曲名やフォルダ名の順(アルファベットなど)となる。フォルダが含まれる場合は上の階層から順に再生される。シャッフル再生も可能。

 イヤフォンはカナル型で、13.5mm径ユニットの「EXヘッドフォン」を使用。左右の筐体はマグネットで一体化できる。なお、マグネットが強力なため、バッグに入れた際にクレジットカードなどに影響しないよう、専用ケースが付属する。

 内蔵バッテリでの連続再生時間はMP3/128kbpsで約12時間。付属スタンドでパソコンとUSB接続/充電でき、充電時間は約1.5時間。3分間の充電で約90分間再生できるクイック充電にも対応する。ソフトキャリングケース「CKS-NWW200」も8月下旬に発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,000円前後の見込み。

専用ケース装着時 USB接続できるスタンドが付属


2009526日)

[ AV Watch編集部 中林暁]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.