◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】
 

「機動戦士ガンダム00」総集編が全3巻でBD/DVD/UMD化

−第1巻は第1期25話を約90分に。一部新アフレコ


機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション ソレスタルビーイング
(c)創通・サンライズ・毎日放送

10月27日より順次発売

標準価格(第1巻):
 「BDビデオ版」6,090円
 「DVDビデオ版」5,040円
 「UMDビデオ版」1,995円

 バンダイビジュアル株式会社は、テレビアニメ「機動戦士ガンダム00」シリーズの総集編「機動戦士ガンダム00 スペシャルエディション」を10月27日から順次発売する。Blu-ray/DVD/UMDビデオで展開。全3巻構成で、第1巻「ソレスタルビーイング」に続き、第2巻「エンド・オブ・ワールド」が12月22日発売予定。第3巻「リターン・ザ・ワールド」は2010年2月23日発売予定となっている。

 第1巻の価格はBDビデオが6,090円、DVDビデオが5,040円、UMDビデオが1,995円。

 
発売日   タイトル 仕様 音声 品番 価格
2009年
 10月27日
BD 機動戦士ガンダム00
 スペシャルエディション I
 ソレスタルビーイング
片面2層
約90分
16:9
1080p
MPEG-4 AVC
(1)日本語
 (リニアPCMステレオ)
BCXA-0212 6,090円
DVD 機動戦士ガンダム00
 スペシャルエディション I
 ソレスタルビーイング
片面2層
約90分
16:9
(スクイーズ)
(1)日本語
 (ドルビーデジタルステレオ)
BCBA-3654 5,040円
UMD 機動戦士ガンダム00
 スペシャルエディション I
 ソレスタルビーイング
片面2層
約90分
16:9
(スクイーズ)
MPEG-4 AVC
(1)日本語
 (ATRAC3plusステレオ)
BCUA-0177 1,995円
2009年
 12月22日
BD/DVD/UMD 機動戦士ガンダム00
 スペシャルエディション II
 エンド・オブ・ワールド
2010年
 2月23日
BD/DVD/UMD 機動戦士ガンダム00
 スペシャルエディション III
 リターン・ザ・ワールド

 第1巻は、第1期シリーズ全25話を再編集したもので、収録時間は約90分を予定。一部アフレコも新たに行なっている。

 特典として特製ブックレットを同梱するほか、ジャケットは新規描き下ろしとなる。また、初回特典としてオーディオコメンタリも収録。また、初回版は特製スリーブ仕様となる。

 「機動戦士ガンダム00」は、2007年10月からMBS・TBS系で放送されたシリーズ。ガンダムのテレビシリーズとしては12作目にあたり、シリーズ初のハイビジョン制作/放送作品となる。2008年10月から2009年3月にかけて第2期シリーズも全25話で放送。さらに、2010年には劇場映画版の公開も予定。なお、テレビシリーズの単品BD/DVD化も行なわれている。

 舞台は西暦2307年。化石燃料は枯渇したが、人類はそれに代わる新たなエネルギーとして3本の巨大な軌道エレベーターと、大規模な太陽光発電システムを手にしていた。3つの軌道エレベーターを所有する3つの超大国群。アメリカ合衆国を中心とした『ユニオン』。中国、ロシア、インドを中心とした『人類革新連盟』。ヨーロッパを中心とした『AEU』。各国は終わりのない戦いを繰り広げていた。

 そんな中、「武力による戦争の根絶」を掲げる私設武装組織が現れる。モビルスーツ「ガンダム」を所有する彼らは「ソレスタルビーイング」と名乗り、他国よりも圧倒的に優れた性能を持つガンダムによる、テロなどを含む、地球上の全戦争行為への武力介入を開始した……。


(2009年 7月 10日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.