◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

日立、500GB HDD内蔵のフルHDプラズマ/液晶テレビ

−ハイビジョン8倍録画/DLNA対応「Wooo」5モデル


50型プラズマ「P50-XP035」

9月10日より順次発売

標準価格:オープンプライス


 株式会社日立製作所は、本体に500GB HDDを内蔵し、録画機能を備えた薄型テレビの新製品「Wooo 035」シリーズを9月10日より順次発売する。プラズマが50〜42型の3モデル、液晶が37/42型の2モデルをラインナップし、いずれもパネル解像度はフルHD。価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格と発売時期は下表の通り。

型番 サイズ 解像度 仕様 発売日 価格
プラズマ
P50-XP035 50型 1,920×1,080ドット 500GB HDD
iVDRスロット
DTCP-IP/DNLA
フルHDダイナミック
ブラックパネル
アクトビラ ビデオ
ダウンロード
9月10日 39万円前後
P46-XP035 46型 34万円前後
P42-XP035 42型 29万円前後
液晶
L42-XP035 42型 1,920×1,080ドット 500GB HDD
iVDRスロット
DTCP-IP/DNLA
倍速パネル
アクトビラ ビデオ
ダウンロード
10月上旬 29万円前後
L37-XP035 37型 24万円前後

 4月より発売した「03」シリーズに比べ2倍となる500GB HDDを搭載し、最大約400時間(TSX8モード時)のHD録画が可能。「今後さらに高まると予測される録画容量増大へのニーズに対応する」としている。HDD以外の仕様は「03」シリーズと共通で、「iVDR-S」に録画できる「iVポケット」を装備するほか、アクトビラ ビデオのダウンロードにも対応する。いずれも、政府のエコポイント対象製品となる。なお、「035」と「03」の両シリーズは併売となり、計20製品のラインナップとなる。

 プラズマは、全モデルにフルHDの「ダイナミック・ブラックパネル」を搭載。コントラスト比は4万:1、動画解像度は1,080本。動きの速いスポーツの映像などもディテールまで鮮明に表示するとしている。また、「ピュアカラーフィルター」の搭載で、業界最高とするHDTV規格比約125%の色再現性を実現している。

プラズマの46型「P46-XP035」(左)、42型「P42-XP035」(右)

 液晶は、いずれも120Hz駆動の倍速対応フルHDパネルを搭載。37型は、視野角が上下左右178度のIPSαパネルを採用。42型はVAパネルを使用する。輝度はいずれも500cd/m2

液晶の42型「L42-XP035」(左)、37型「L37-XP035」(右)

 チューナはいずれも地上/BS/110度CSデジタルが2基、地上アナログが1基。HDMIはCEC「Woooリンク」対応で、プラズマが4系統、液晶は3系統装備する。Deep Colorやx.v.Colorもサポートする。

 映像エンジンは1080p信号に対応した「新Picture Master Full HD」を搭載。シーンごとのヒストグラム解析や画像認識などの制御を行なう「アドバンスドダイナミックコントラスト」や色彩コントロール「3次元デジタルカラーマネージメント」、2種類の輪郭補正回路を使った「アドバンスドダイナミックエンハンサ」を備える。

 さらに、「新なめらかシネマ」機能を搭載。60コマのテレビ映像信号から映画の24コマ信号を抽出し、独自の動き補間アルゴリズムで変換精度を向上し、自然な映画表現を可能とするという。また、1080/24p信号に対し、フィルム映画独特のテイストを再現するという「シネマスキャン」も搭載する。

 また、「インテリジェント・オート高画質」により、室内の明るさや表示映像に応じて最適な画質に調整可能。前面の内蔵センサーにより、室内の明るさや照明の色を判別。さらに、番組のジャンルや各種情報を独自のアルゴリズムで解析し、輝度や色温度、コントラストなどを自動制御。環境にあわせた最適な画質に調整する。 そのほか、消費電力を算出して照明環境とエコ効果の目安が“日立の樹”を模したアイコンで確認できる「エコ度表示」機能も備える。



■ HDで8倍録画機能。DNLA/DTCP-IPにも対応

 録画機能はプラズマ/液晶共通で、HDトランスコード/トランスレート技術の「XCodeHD」により内蔵500GB HDDまたはiVDR-Sにハイビジョン解像度(1,440×1,080ドット)で最大8倍録画が可能な「TSX8」モードを搭載。録画ボタン1回押しで録画を開始できるほか、視聴中に録画ボタンを2回押すことで、その番組終了までを自動録画できる。

 ダビング10にも対応し、HDDに録画した番組は別売iVDR-Sにダビング/ムーブできる。320GBのiVDR-S利用で、TSX8モードの場合約256時間録画できる。

 また、独自のシーン解析アルゴリズムによる自動チャプタ設定機能「いいとこジャンプ」や、ハイライトシーンを探しやすくした「みどころシーンサーチ」も搭載。録画中に別番組を再生できる同時録画再生や、録画中の追いかけ再生も可能。

 録画モードは、TS(ストリーム記録)のほか、HD画質が、TSE(2倍/MPEG-2)/TSX4(4倍/AVC)/TSX8(8倍/AVC)の4モード。SD解像度のMPEG-2がXP/SP/LPとAVC記録のTSX24が利用できる。

 ネットワーク機能も強化し、全モデルで「アクトビラ ビデオ・フル」のダウンロードに対応。アクトビラの「TSUTAYA TV」から映画コンテンツをダウンロードし、内蔵HDD/iVDRに記録。ダビングできる。 録画番組リスト画面では、放送録画番組だけでなく、アクトビラからダウンロードしたコンテンツも一覧表示できる。さらに、SDHC/SDメモリーカードに記録した写真をHDDに取り込み/表示可能。

 さらに、DLNAとDTCP-IPにも対応。DLNAサーバー/クライアントとして動作し、PCに保存されている動画をWoooから再生できるほか、内蔵HDDやiVDR-Sに録画した番組をLAN経由で対応のテレビやパソコンから再生できる。そのほか、「テレビ版Yahoo! JAPAN」に対応。リモコンでYahoo!の検索や画像検索などが利用できる。

プラズマ
  P50-XP035 P46-XP035 P42-XP035
パネルサイズ 50型 46型 42型
パネル解像度 1,920×1,080ドット
動画解像度 1,080本以上
コントラスト比 40,000:1
チューナ 地上/BS/110度デジタルチューナ×2、地上アナログチューナ×1
内蔵HDD ○(500GB)
iVポケット(iVDR)
スピーカー 6×12cm/2基(アンダースピーカー型)
音声出力 10W×2ch
入出力端子 HDMI入力×4(1080p対応)、D4入力×2、S映像入力×1、コンポジット入力×2、モニター出力×1、光デジタル音声出力×1、Ethernet×1、アナログ音声入力×4、ヘッドフォン出力×1、電話回線接続端子×1
消費電力(待機時) 537W(0.2W) 507W(0.2W) 477W(0.2W)
年間消費電力量 259kWh/年 229kWh/年 199kWh/年
外形寸法
(幅×奥行き×高さ/
スタンド含まず)
1,242×98×804mm 1,162×98×758mm 1,084×98×711mm
重量(スタンド込み) 33.1kg(38.8kg) 30.1kg(35.8kg) 26.5kg(32.2kg)


  液晶
  L42-XP035 L37-XP035
パネルサイズ 42型 37型
パネル解像度 1,920×1,080ドット
チューナ 地上/BS/110度デジタルチューナ×2、地上アナログチューナ×1
内蔵HDD ○(500GB)
iVポケット(iVDR)
スピーカー 4.5×12cm/2基(アンダースピーカー型)
音声出力 10W×2ch
入出力端子 HDMI入力×3(1080p対応)、D4入力×2、S映像入力×1、コンポジット入力×2、モニター出力×1、光デジタル音声出力×1、Ethernet×1、アナログ音声入力×4、ヘッドフォン出力×1、電話回線接続端子×1
消費電力 165W 149W
年間消費電力量 127kWh/年 117kWh/年
外形寸法
(幅×奥行き×高さ/
スタンド含まず)
1,024×87×661mm 912×87×559mm
重量(スタンド込み) 21.5kg(23.9kg) 16.5kg(18.9kg)


(2009年 8月 25日)

[ AV Watch編集部 中林暁]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.