◇ 最新ニュース ◇

2014年4月23日

2014年4月22日

2014年4月21日

【Watch記事検索】

ソニー、レンズ交換式のAPS-Cビデオカメラを開発

−Eマウント採用。AVCHDで2010年秋に商品化


「NEX-5」、「NEX-3」の発表会で紹介された試作機

2010年秋発売予定

レンズ装着時(コンセプトモックアップ)
  ソニーは11日、APS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」センサーを搭載した、AVCHDビデオカメラを開発している事を明らかにした。2010年秋の商品化を目指している。

 開発中のビデオカメラは、同日発表のレンズ交換式デジタルカメラ「NEX-5」、「NEX-3」と同じAPS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」を搭載予定。さらに、「NEX-5」、「NEX-3」で採用している新マウント「Eマウント」に対応し、Eマウント用の交換レンズがビデオカメラで使用できるのが特徴。マウントアダプタを介して、Aマウントの交換レンズとも組み合わせられるという。

 11日に行なわれたNEX-5/3の発表会場では、ビデオカメラのコンセプトモックアップも展示された。ただし、デザインや大きさなどは最終決定ではなく、「ガラッと変わる可能性もある」(ソニー)という。


「NEX-5」、「NEX-3」と同じAPS-Cサイズの「Exmor APS HD CMOS」を搭載予定 Eマウントの「18-200mm F3.5-6.3 OSS」と組み合わせたところ ビューファインダーも備えている

 製品のターゲット層や価格設定なども未定だが、「NEX-5/3のユーザーが、作品としてさらに凝った動画作品を撮影したいというニーズや、一眼レフのαユーザーが、所有しているAマウントのレンズを使って動画撮影を楽しみたいといったニーズに応える製品にしていきたい」とのことで、あくまで民生用ビデオカメラとしての商品化を予定。カテゴリとして「ハンディカム」と「α」のどちらに属する事になるかも決定していない。今回の開発発表に対して寄せられた声を製品にフィードバックさせる予定だという。

 AFに関する詳細も未定。なお、NEX-5/3も動画撮影は可能で、NEX-5ではフルHDのAVCHDが撮影可能。Eマウントのレンズを使えば動画撮影中のAFも可能で、撮影前にMFモードにしておけば、マニュアルフォーカスによる動画撮影も楽しめる。そのため、開発中のビデオカメラでは「より動画撮影で便利な機能、凝った作品撮影に対応できる機能を盛り込んでいきたい」という。

 また、NEX-5/3にマウントアダプタ(LA-EA1)を介してAマウントのレンズを装着すると、AFが効かず、AEのみの利用になる事について、発表会の中でコンスーマー・プロフェッショナル&デバイスグループ(CPDG) パーソナル イメージング&サウンド事業本部の手代木英彦統括部長は、「何とかして、αのレンズでAFを動かせるようにやっていきたいが、αのレンズは多数あり、その全てでAFを動かすのは技術的な課題も多い。そのため、現時点では(AFは)非対応とした」と、今後の対応の可能性に含みを持たせた回答をしている。

天面にはマイクと思われる穴 会場内の紹介ビデオでは、ツァイスの大口径レンズと組み合わせたシルエットも ビデオカメラと共にAマウント用のマウントアダプタも展示された

(2010年 5月 11日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]

[an error occurred while processing this directive]