◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナソニック、BD+320GB HDD搭載の液晶「VIERA」

−37型/32型。HDDからBD書き出し。ワンセグ録画も



7月9日発売

標準価格:オープンプライス

  パナソニックは、Blu-ray Discレコーダと320GB HDDを内蔵し、HDDへの録画やBDへのダビングなどが可能な録画対応液晶テレビ「VIERA」2機種を7月9日に発売する。37型の「TH-L37R2B」と32型の「TH-L32R2B」をラインナップ。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は37型が24万円前後、32型が19万円前後。

 

TH-L37R2B TH-L32R2B
 パネル解像度は37型が1,920×1,080ドット、32型が1,366×768ドット。320GBのHDDに加え、スロットインタイプのBDドライブも内蔵したのが特徴で、内蔵HDDに録画した番組をBDにダビング可能。BDへの直接録画には対応していない。

 地上/BS/110度CSデジタルチューナを2基、地上アナログチューナを1基搭載しているため、デジタル放送の2番組同時録画や、視聴中の裏番組録画が可能。録画モードはMPEG-2 TSをストリーム録画する「標準」とMPEG-4 AVC/H.264で録画する「長時間」の2種類を用意。従来の「R1」シリーズと比べ、さらなる長時間録画が可能になっており、約6Mbpsで記録する「長時間モード1」、約3Mbpsの「長時間モード2」が選択できる。

 

スロットイン式のBDドライブを搭載
 なお、2番組同時録画の場合、一方は標準モードでの録画となり、長時間モード同士の録画はできない。メディアへの書き出しはBDのみ対応しており、DVDには非対応。

 また、LAN経由で対応レコーダ(DMR-BWT3000/2000/1000、BW880/780/680/970/870/770)にダビングし、レコーダからBD/DVDメディアにダビングする事もできる。録画中、シーンの切り替わりを自動検出してチャプタを作成するオートチャプター機能も利用可能。

 ワンセグの同時録画を指定すると、番組録画時にワンセグもHDDに録画。それをSDカードにダビングし、対応携帯電話やビエラ・ワンセグなどで再生可能。

 セルソフトのBD/DVDビデオ再生にも対応。BD/DVDビデオを挿入するだけで自動的に再生される。

 パネルは視野角が上下左右178度の新IPSαパネルを採用。独自のアルゴリズムでコマ補間を行ない、倍速表示をするとともに、動き部分にフォーカスしたバックライト制御(黒挿入)で残像を低減する「Wスピード」機能で動画解像度は37型で900本、32型は720本を実現している。

 ほかにも1フィールドごとに検出したシーンの特徴に応じてバックライト制御を行なう「WコントラストAI」、センサーを使って環境に適した画質に自動調整する機能も用意。HDMI 1.4の機能であるコンテンツタイプフラグにも対応し、入力コンテンツの種類を検知し、最適な画質に自動調整する。

 番組表は表示チャンネルを3/5/7/9/11/15/19チャンネルから選択可能(32型は9チャンネルまで)。番組ジャンル別に色分け表示されるほか、Gガイドの「1カ月番組表」機能にも対応し、WOWOWの番組表を最大1カ月先まで表示できる。同じくGガイドの「注目番組」機能もサポート。TV紹介雑誌のような写真付きの紹介記事を参考にする事もできる。

 指定したジャンルの番組を自動録画する「お好み録画」機能も利用可能。予約の一覧確認や、自動録画番組の再生など、様々な機能は「らくらくアイコン」表示から呼び出せる。


■ ネットワーク機能も装備

 DLNAベースのAVリンク機能「お部屋ジャンプリンク」を搭載し、DLNA/DTCP-IPクライアントとしてテレビを活用可能。DIGAでハイビジョン録画した番組を、別室などに設置したVIERAからストリーミング再生できる。

 さらに、別売カメラの追加でSkypeを使ったビデオ通話も可能。「アクトビラ ビデオ・フル」やYouTubeにも対応する。

 

リモコン
 SDXC対応のSDメモリーカードスロットも装備し、AVCHD動画やJPEG画像の表示も可能。デジタルカメラ「LUMIX」で撮影した16:9の写真をテレビ画面にっぱいに表示する事や、BGM(3曲)にあわせたスライドショー表示も行なえる。

 省エネ機能の「エコナビ」も搭載。部屋の明るさに応じて、明るさや画質を調整することで最大5%の消費電力削減を実現。また、10分以上映像や音声の信号が無い場合は自動で電源オフして節電するほか、対応VIERAとDIGA、ラックシアターの接続時に、BDレコーダ利用後にVIERAでのテレビ視聴に切り替えた際に自動でDIGAやラックシアターの電源をOFFにする「こまめにオフ」や、VIERAを使っていない場合、DIGAの待機電力モードも最小にする「ECOスタンバイ」などの機能を搭載している。

 HDMI入力は1080/24p対応のものを2系統装備。HDMI連携機能のVIERA Linkも強化し、DIGAやラックシアター、CATVデジタルSTBの対応モデルとも連携可能。ARC(オーディオリターンチャンネル)にも対応しており、テレビからの音声を対応シアターにHDMIケーブルのみで伝送できる。


モデル名 TH-L37R2B TH-L32R2B
サイズ 37型 32型
解像度 1,920×1,080ドット 1,366×768ドット
コントラスト比 2万:1
チューナ 地上/BS/110度CSデジタル×2
地上アナログ×1
スピーカー 16×4.2cm ×2個
アンプ最大出力 総合20W
消費電力
(待機時)
167W
(約0.2W)
112W
(約0.2W)
年間消費電力 109kWh/年 82kWh/年
入力端子 HDMI×2
D4×1
コンポジット×3
S映像×1
アナログRGB(D-Sub15ピン)×1
アナログ音声×4
Ethernet端子
出力端子 光デジタル音声×1
イヤフォン×1
外形寸法
(幅×奥行×高さ)
(スタンド含む)
896×287×611mm 779×217×542mm
重量
(スタンド含む)
18.5kg 14kg

(2010年 5月 14日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]