◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

iPhone 4の電波受信感度問題は「計算式の間違い」

−Appleが声明。数週以内にファームウェア更新


7月2日(現地時間)発表


iPhone 4

 米Appleは2日(現地時間)、iPhone 4の電波受信感度表示に問題があるとして謝罪するとともに、修正ファームウェアを数週間内に提供開始すると発表した。

 iPhone 4では、左下側面のメタルバンド部を持つと、5本ある電波強度表示バーの値が大幅に下がることがあるため、「アンテナ設計に問題があるのでは?」との指摘が発売直後からなされていた。

 Appleでは、「持ち方によって受信感度が下がる問題は、iPhone 3GSやAndorid、Nokia、BlackBerryなどでも発生する」としていた。しかし、iPhone 4の場合急激に4〜5段分の表示が一気に変化することから、調査を継続したところ「われわれはバーの急激な低下の原因を突き止めたが、それはシンプルかつ驚くべきものだった」とする。

 問題は、「いくつのバーを表示するかという信号強度を表すための計算式が、“全く間違えていた”」というもの。多くの場合で実際より高い電波強度を示しており、一例を挙げると、「本来2本であるべきところで、4本の表示をしていた」という。そのため、急激な表示低下が起きる場所では、もともと電波が弱い環境にもかかわらず、iPhone 4側で4〜5本の表示をしていたという。

 この問題を修正するためAppleは、数週間中に米国でiPhoneを扱っているキャリアであるAT&Tの公式にあわせてバーの表示を変更。これにより、より正確な表示が可能となるという。なお、このアップデートはiPhone 4だけでなく、iPhone 3GS/3向けにも提供される。

 Appleは、この件について謝罪するとともに、「iPhoneに満足できないという場合は、30日以内にApple StoreやApple Retail Storeで購入した傷の無いiPhoneであれば、全額返金する」としている。


(2010年 7月 5日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]