◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

アップル、720p動画/高精細IPS液晶搭載「iPhone 4」

−24日に日本発売。「世界最薄スマートフォン」


6月24日発売

米国価格:199〜299ドル(2年契約)


 

ホワイト、ブラックの2色を用意
 アップルは8日、iPhoneの新モデル「iPhone 4」を日本で6月24日に発売すると発表した。内蔵メモリ16GBと32GBの2モデルを用意し、カラーはブラックとホワイトの2色。15日からApple Online Storeで予約を開始し、米国での2年契約時の価格は16GBが199ドル、32GBが299ドル。なお、iPhone 3GSの8GBモデルも併売し、価格は99ドル。

 iPhone 3GSからデザインを一新。ガラスとステンレスを採用し、大幅に薄型化した最薄部9.3mmのボディを採用する。外形寸法/重量は115.2×58.6×9.3mm(縦×横×厚み)/137gとなり(iPhone 3GSは115.5×62.1×12.3mm/135g)、「世界最薄のスマートフォン」とアピールしている。また、エッジに装着して、ホワイト、ブラック、ブルー、グリーン、オレンジ、ピンクの6色のカラーを楽しめる「Bumpers for iPhone 4」も発売する。

 デザインの一新とともに、液晶の高解像度化や、720p対応などビデオ撮影の強化、A4プロセッサ搭載による処理能力向上、カメラ解像度向上+LEDライトなど、多くの機能強化を盛り込んでいる。

厚みは9.3mmで「世界最薄のスマートフォン」

 液晶ディスプレイは、3.5インチ/960×640ドットのIPS液晶を採用。解像度は従来(480×320ドット)の4倍に向上し、326ppiを実現。コントラスト比も約800:1まで高めており、Appleでは「Retina(網膜)ディスプレイ」と呼んでいる。耐指紋性撥油コーティングも施している。

 背面には500万画素カメラとLEDフラッシュを装備。5倍のデジタルズームも備えている。また、動画撮影機能は、720p/30fpsでのHD動画記録に対応。写真と同様に動画撮影中にもフォーカス位置を指でタップして決定できる。写真や動画の撮影位置のGPS情報(ジオタグ)も記録可能。

 Apple製のアプリケーション「iMovie for iPhone」もApp Storeで販売(4.99ドル)し、撮影した動画の編集をiPhone 4だけで行なえる。また、フロントカメラも装備し、セルフポートレートも撮影可能。フロントカメラではVGA動画(30fps)と写真撮影が可能となっている

 ビデオ再生については、MPEG-4 AVC/H.264に対応。最高720p(1,280×720ドット)、30fpsのMain ProfileのAVC動画が再生できるほか、MPEG-4(640×480ドット、30fps、2.5Mbpsまで)、Motion JPEG(1,280x720ドット、30fps、35Mbpsまで)にも対応。対応ファイルコンテナは.mp4と.m4v、.mov。別売の「AppleコンポーネントAVケーブル」などを利用して、最高1,024×768ドットのビデオ出力も行なえる。

 音楽形式はAACとMP3、HE-AAC、Apple Lossless、AIFF、WAV、audibleで、AAC/MP3の対応ビットレートは8〜320kbpsまで。

 CPUはiPadと同様に、Apple自社開発/設計のSoC(System On a Chip)である「A4」を搭載し、高いグラフィック性能や処理能力と、バッテリ駆動時間の両立を図っている。 

3軸ジャイロスコープなどを搭載する iMovieでiPhone 4だけで動画編集可能

 OSはiPhone OS 4改め「iOS 4」を搭載。フォルダ機能を搭載したほか、サードパーティ製アプリケーションのバックグラウンドでの実行など「マルチタスク」対応や、フォルダ機能、メール機能の改善、Bluetoothキーボード対応などが図られている。なお、iPhone 3GS/3Gと、第2世代以降のiPod touch向けのiOS4のアップデートも21日より実施する。

テレビ電話のFaceTimeに対応

 前面にはホームボタンを、上部にはヘッドフォン出力、左側面には、ボリュームボタンとサウンドオン/オフボタンを装備する。下面にはDockコネクタとマイク、スピーカーを装備。セカンドマイクも内蔵しており、外部の環境音を検出し、ソフトウェア処理によりノイズを低減、通話音声をクリアにする機能も備えている。

 Assisted GPS(A-GPS)やデジタルコンパスに対応。3軸ジャイロスコープや加速度センサー、近接センサー、環境光センサーなども搭載し、ゲームの操作性向上などを図っている。Bluetooth 2.1やIEEE 802.11b/g/nの無線LANを搭載(11nは2.4GHzのみ)するほか、W-CDMA、GSM、HSDPA、HSUPAの通信に対応する。

 また、iPhone 4同士でテレビ電話を行える「FaceTime」も搭載。なお、同機能は無線LAN接続時のみ利用可能としている。ブックリーダーのiBookもiPhone向けに提供開始、Appleの「iBookstore」のコンテンツを利用できるほか、PDFリーダーとしても活用できる。

 バッテリも強化。連続使用時間は通話が12時間(2G)/7時間(3G)、ネット活用時は無線LANが9時間で3Gが6時間。動画再生は10時間、音楽再生は40時間、待受時間は300時間。対応OSはWindows XP/Vista/7とMac OS v10.5.8以降でiTunes 9.2以降が必要となる。最高動作高度は3,000m。

 同梱品はDockコネクタ-USBケーブルやUSB電源アダプタ、イヤフォンの「Apple Earphones with Remote and Mic」など。


モデル名 iPhone 4 iPhone 3GS
(参考)
メモリ容量 16/32GB 16/32GB
ディスプレイ 3.5インチ
960×640ドット
3.5インチ
480×320ドット
電話通信方式 UMTS(W-CDMA)
HSDPA
HSUPA
GSM、EDGE
UMTS(W-CDMA)
HSDPA
GSM、EDGE
データ通信 802.11b/g/n(2.4GHzのみ)
Bluetooth 2.1+EDR
802.11b/g
Bluetooth 2.1+EDR
カメラ 500万画素 300万画素
720ビデオ撮影 -
外形寸法
(縦×横×厚さ)
115.2×58.6×9.3mm 115.5×62.1×12.3mm
重量 137g 135g
連続使用時間
(通話)
12時間(2G)
7時間(3G)
12時間(2G)
5時間(3G)
連続使用時間
(ネット:無線LAN)
9時間 9時間
連続使用時間
(動画再生)
10時間 10時間
連続使用時間
(音楽再生)
40時間 30時間
待受時間 300時間 300時間

(2010年 6月 8日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]