◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

6日放送の「サマーウォーズ」はデータ放送で作品を解説

−テレビ初登場。本編は再編集&再ダビング版


(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS
8月6日午後9時放送

 


 日本テレビは、8月6日21時からの金曜ロードショーで、アニメ映画「サマーウォーズ」を放送。そのなかで、映画放送史上初めて、地デジのデータ放送で映画の見どころを紹介する。 

データ放送の画面イメージ(制作中のもの)

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS
 データ放送では、番組の進行に合わせて場面ごとの解説を行なうほか、豆知識なども紹介。「『サマーウォーズ』をさらに深く楽しんでいただける、データ放送の新しい利用方法」としている。データ放送を利用した人向けのプレゼントも用意するという。 

 なお、映画本編については、監督である細田守氏が自身のTwitter上で、番組の枠に合わせて再編集と再ダビングを行なったことを明らかにしており、「再編集はさておき、テレビ放映のためだけにダビングをやり直せるのは結構珍しいのでは? なかなかいい仕上がりになったと思います」(7月28日のツイートより引用)としている。

 さらに、編集についても「6コマとか4コマ単位で手を加えました。劇場とTVの間合いって、やっぱり違いますものねー」(同じく7月28日のツイート)としている。



■ iPhone花札アプリでBDプレゼントキャンペーンも

 6日のテレビ放送に合わせたプレゼントキャンペーンも展開される。「サマーウォーズ」のアニメーション制作・出資を行なったマッドハウスがグループ会社であるインデックスは、同社のiPhone/iPod touch/iPadアプリ「サマーウォーズ花札KOIKOI」(600円)のユーザーを対象に、「サマーウォーズ」のBlu-ray Discビデオなどが当たる「サマーウォーズ真夏のWチャンス・プレゼント祭り」を実施。なお、Android版(無償版)は対象外となる。

 6日の放送開始から48時間以内(8日20時59分まで)に、同ゲームでオンライン上の他のプレーヤーと「累積救出アバター数」を競い合い、イベント終了後に救出アバター数の最も多かった1名に、「サマーウォーズ」のBlu-ray スタンダードエディションをプレゼント。また、1位を含む上位5名には、アップルのiTunesカード5,000円分がプレゼントされる。

 さらに、Wチャンスとして8月16日の17時まで、「サマーウォーズ花札KOIKOI」の最終ボスである「ラブマシーン」に「ラブマシーンモード」で戦いを挑み、結果画面に表示される「つぶやく」機能を使ってTwitter にメッセージを投稿すると、抽選で5名に、iTunesカード5,000円分がプレゼントされる。

 どちらのプレゼントも、参加にはTwitterアカウントと、アプリとTwitterアカウントの紐付け、公式アカウントである「@swkoikoi」のフォローが必要となる。



■ サマーウォーズ

 2006年夏に単館公開からスタートし、口コミでロングランヒットとなり、国内外の映画賞を多数受賞したアニメ版「時をかける少女」。手掛けた細田守監督の最新作が「サマーウォーズ」であり、キャラクターデザイン・貞本義行、脚本・奥寺佐渡子など「時かけ」のスタッフが再結集している。興行収入は16.5億円を記録。第33回日本アカデミー賞 最優秀アニメーション作品賞や、シッチェス・カタロニア国際映画祭アニメーション部門長編作品グランプリなど、多数の賞を受賞している。 

(C)2009 SUMMERWARS FILM PARTNERS

  天才的な数学力を持ちながらも、弱気で人付き合いも苦手な17才の少年・健二。彼はその能力を活かし、ネット上に生み出された仮想都市“OZ”で保守点検のバイトをしている。そんな高2の夏休み、健二は憧れの先輩・夏希からアルバイトを頼まれる。2人が辿りついたのは、長野にある彼女の田舎。出迎えたのは総勢27人の大家族。夏希の曾祖母・栄は、室町時代から続く戦国一家・陣内(じんのうち)家の当主であり、一族を束ねる大黒柱だ。

 栄の誕生日を祝うために集った、個性豊かな「ご親戚」の面々。そこで健二は突然、夏希から「フィアンセのフリをして」と頼まれてしまう。それがアルバイトの内容だったのだ。

 必死にフィアンセの大役を果たそうと奮闘する健二。そんな彼の携帯に、謎の数字が連なったメールが届く。翌朝、世界は大きく一変していた。健二を騙る何者かが、OZを通じて世界を混乱に陥れているのだ。「私たち一家でカタをつけるよ!」栄の号令のもと、健二と夏希、そして陣内家の面々は、一致団結して世界の危機に立ち向かうことに……。



(2010年 8月 5日)

[ AV Watch編集部 中林暁]