◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

米Apple、AirPlayを強化した「iOS 4.3」を発表

−iTunesライブラリを無線LAN共有。Safariも高速化


第2世代Apple TVと連携し、ユーザーが撮影した動画など、「写真」アプリ内のコンテンツもテレビなどに表示できるようになる

 米Appleは現地時間の2日、iPhoneやiPad、iPod touch向けの新ソフトウェア「iOS 4.3」を発表した。米国時間で3月11日に提供開始予定で、iPad、iPad 2、iPhone 3GS、iPhone 4 (GSMモデル)、第3世代と第4世代のiPod touchで利用可能。

 iOS 4.3では、対応するAV機器などにワイヤレスで音楽や映像を配信するAirPlay機能が強化。新たに「写真」アプリに保存してある動画もストリーミング配信できるようになり、Apple TVを経由して大画面テレビなどに表示できる。また、AirPlay対応のアプリやWebサイトもテレビなどに表示できるようになる。なお、これらのAirPlay新機能は第2世代のApple TVのみの対応となる。

 また、MacintoshやWindows PCのiTunesに保存されている楽曲や映画、ポッドキャスト、オーディオブックなどのライブラリを、無線LAN内にあるiPhone、iPad、iPod touchで共有再生する機能を追加。同期やダウンロードをせずに、これらの端末でPCのライブラリが再生できるという。

 さらに、WebブラウザのSafariも新しいNitro JavaScriptエンジンを採用し、高速化。最大2倍の速度で動作するとしている。

 また、iPadでは本体横のスイッチに割り当てる機能をカスタマイズできるようになり、スクリーンの回転ロック、消音の2つの機能を、「設定」から切り替えられる。

 さらに、日本では利用できないが、「パーソナルホットスポット」と呼ばれる機能も搭載。iPhone 4で利用できる機能で、iPhone 4を小型無線LANルーターのように使うもの。PCやiPadから無線LANでiPhone 4に接続し、iPhone 4の3G通信機能を利用してネット接続ができる。無線LANだけでなく、iPhone 4とはBluetoothやUSB接続も利用でき(テザリング)、一度に最大5つのデバイスと3G通信機能を共有可能。無線LAN接続は3つのデバイスまで利用できる。



(2011年 3月 3日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]