◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

SCE、PSN/Qriocityで個人情報流出の可能性

−クレジットカード情報も「可能性は否定できず」


Video On Demand powered by Qriocity

 ソニー・コンピュータエンタテインメントは27日、4月21日より発生しているPlayStation Network(PSN)とQriocityの障害について、17日から19日にかけてユーザーのアカウント情報が不正アクセスにより、漏洩していた可能性があることが判明したと発表した。

 不正アクセス者により、ユーザーのPSN/Qriocityに登録した、氏名、住所、Eメールアドレス、生年月日、PlayStationNetwork/Qriocityパスワード、PlayStationNetworkオンラインIDが漏えいしたとみられる。また、「購入履歴、請求先住所、パスワード再設定用の質問への回答等のプロフィールデータ」や、「サブアカウントに関する上記情報」の漏洩の可能性もある。

 また、PSN/Qriocityに登録されたクレジットカード情報や有効期限に関する情報については、「不正アクセス者に入手された可能性を完全に否定することはできないが、現時点でそのことを示す形跡は見つかっていない」とする。

 こうしたことから、SCEでは、PSNとQriocityサービスを一時的に停止したほか、調査を情報セキュリティ会社に依頼し、実態把握を目指す。加えて個人情報保護強化を目的とし、システムセキュリティの高度化に向けたシステムの再構築によるネットワークインフラ増強を図るとする。

 サービスの復旧時期については明言していないものの「速やかな復旧を目指す」としており、復旧時にはPSN/Qriocityのパスワード変更や、同様のID/パスワードを他のネットワークサービスで利用している場合は、それらを変更するよう呼びかけている。また、クレジットカード履歴についても定期的な確認を推奨している。


(2011年 4月 27日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]