◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

「スクライド」が10月にBlu-ray BOX化。新OVA上映も

−HDリマスター+5.1chで33,600円。谷口悟朗監督作


スクライド Blu-ray BOX
※ジャケットとは異なります
(C)サンライズ

 アニメ「スクライド」がBlu-ray BOX化される。タイトルは「スクライド Blu-ray BOX」で発売日は10月26日。片面2層ディスク6枚に全26話を収録。価格は33,600円。発売・販売元はバンダイビジュアル。

 ディスクは6枚組。本編は合計約620分、映像特典約50分を収録する。BD化にあたり、新規にHDデジタルリマスターを行なって高画質・高音質を実現しているほか、本編音声はオリジナルの2chステレオ(リニアPCM)に加え、谷口悟朗監督総監修によるリニューアル版5.1ch音声もドルビーTrueHDで収録している。

 特典ディスクを同梱しており、キャラクター名場面集、次回予告集(全26話)、ノンテロップのオープニング&エンディングなどを収録。ファンディスク「スクライド GOLD」、「SILVER」に収録された、一部を除く映像特典も収録予定。ライナーノートも付属する。BOXとインナージャケットイラストは、キャラクターデザインの平井久司描き下ろし。


スクライド オルタレイション前編
(C)サンライズ
 なお、このBD-BOXは「スクライド10周年プロジェクト」の一環として発売されるもので、「スクライド オルタレイション」と呼ばれる新作OVAが作られ、劇場でイベント上映される(3~4週間予定)。劇場は東京がシネマサンシャイン池袋、大阪が梅田ブルク7、愛知が伏見ミリオン座、北海道がユナイテッド・シネマ札幌 、福岡がユナイテッド・シネマキャナルシティ13、宮城がMOVIX 仙台、神奈川が川崎チネチッタ、千葉が京成ローザ10、広島が広島バルト11。特典付き前売鑑賞券は8月6日より発売される。

 これはテレビシリーズ全26話に新作パートを加え、全編新アフレコ&HDデジタルリマスターにより物語を再構成するというもので、全2部構成となる。テレビ版のBD-BOX特典ディスクには、「スクライド オルタレイション」次回予告スペシャルPVも収録。ライナーノートには作品世界の解説に加え、OVAのナビゲーション企画も収録する。

タイトル 仕様 音声 品番 価格
スクライド Blu-ray BOX 片面2層×6枚
本編620分
特典50分
4:3
1080i
(1)日本語
 (ドルビーTrueHD 5.1ch)
(2)日本語
 (リニアPCMステレオ)
BCXA-0371 33,600円


 2001年7月からテレビ放送された作品。監督は「コードギアス 反逆のルルーシュ」や「プラネテス」の谷口悟朗、脚本・黒田洋介、キャラクターデザイン・平井久司ほか、豪華スタッフが集結して作られた。特殊能力を駆使したスピーディーなアクションシーンもさることながら、キャラクター達の闘いに掛ける“熱さ”や、テンションの高さが、観ている者に高揚感を与える作品。

 舞台は21世紀初頭の近未来。突如、横浜を中心に原因不明の大規模な隆起が発生。半径30kmに渡る「ロストグラウンド」と呼ばれる土地が誕生した。政府によりロストグラウンドは復興するも、復興した市街の住人「インナー」と崩壊地区の住人「アウター」という特殊な二層社会が形成されてしまう。また、ロストグラウンド生まれの新生児の中に「アルター能力」という特殊能力を持つ者達が現れ始め、能力を使った暴力や略奪が横行。警察はアルター能力者による部隊「HOLY」を設立し、これに対抗するのだが……。


(2011年 7月 5日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]