◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

グラモ、iPhoneから制御できる据置型学習リモコン

−iRemocon。リモコン自作&屋外からの制御も可能


iRemocon

 グラモは、iPhoneやiPadなどから制御できる、据え置き型の高機能学習リモコン端末「iRemocon」を7月6日に発売する。価格はオープンプライス。amazonにある「Glamo Store」での販売価格は26,880円。

 据え置き型の学習リモコン。テレビやレコーダなど、家の中にある様々な家電のリモコン信号を学習させ、iPhoneやiPadのアプリを介して操作できる。筐体の赤外線LEDには、広角で高出力のLEDを採用することで、据え置き型であっても部屋の様々な場所にある家電をコントロールできるという。また、赤外線LEDケーブル(別売)も2個まで接続でき、部屋の中の信号が届かない場所もカバーできるという。

 iOS用の専用アプリから制御できるのが特徴で、操作ボタンをユーザーが自由に配置可能。Web上に用意された「UIデザイナー」を使い、ボタンをドラッグ&ドロップで配置していくことで、自分専用のリモコンが作成できる。また、リモコンの壁紙も変更可能。プリセットで「オトナリモコン」、「ギャルリモコン」、「萌リモコン」の3種類が用意されている。


左からプリセットの「オトナリモコン」、「ギャルリモコン」、「萌リモコン」 「UIデザイナー」の利用イメージ

 なお、UIデザイナーは同社ページで会員登録を行なうことで利用できるが、iRemoconを購入していなくても登録できるため、購入前にUIデザインを体験する事もできる。作成後はアプリから会員ID/パスワードを入力することで、Webで作成したリモコンデータを取得・利用できる。

外出先からの利用イメージ

 また、本体にEthernet端子を備え、インターネットを介して外出先からでもアプリ操作が可能。「家に帰る前にエアコンの電源を入れて、部屋を快適な温度に」、「長期の留守中でも、部屋の電気を点けて防犯対策に」、「見たいテレビの録画に」などの利用提案が行なわれている。同機能の利用にも会員登録が必要。

 マクロ機能も備え、1つのボタンに様々な機能を割り当て可能。信号の順番、送信間隔の設定もできる。また、タイマー機能も用意。定期的な動作をさせる事もできる。リモコンコードは最大1,500件、タイマー設定は最大500件登録可能。

 本体にはEthernet×1、外部赤外線LED接続端子×2を装備。付属のACアダプタで給電する。外形寸法は約124×85×42mm(幅×奥行き×高さ)。重量約123g。iOS用アプリはiPhone 4、iPhone 3G/3GS、iPod touch(第3、4世代)、iPad、iPad2に対応する。



(2011年 7月 5日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]