◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナソニック、BDの画質/音質を追求した「プレミアムDIGA」

−専用シャーシや高品位パーツを採用。3TB+USB HDDも


DMR-BZT9000

 パナソニック、Blu-ray Discレコーダ「ブルーレイDIGA」のプレミアムモデル2機種を9月15日より発売する。

 シャーシにこだわり、高音質、高画質設計を行なった点が特徴で、最上位モデルの「DMR-BZT9000」は、高剛性&低重心筐体を採用し、不要な振動を大幅に低減。DMR-BZT910は回路技術を中心に高画質、高音質を追求したモデルとなる。店頭予想価格はBZT9000が37万円前後、BZT910が21万円前後。

 いずれも、地上/BS/110度CSデジタルトリプルチューナを搭載し、3番組の同時録画に対応が可能なほか、スカパー! HD録画に対応。合計4系統の同時録画が行なえる。同時発表のスタンダードモデルと同様に別売のUSB HDDへの録画に対応し、HDD容量を拡張できるほか、録画画質の向上なども図っている。

 なお、新ブルーレイDIGAのベーシック/エントリーモデルについては別記事で紹介している。

DMR-BZT9000 DMR-BZT910 DMR-BZT9000(左)、DMR-BZT910(右)

 

【プレミアムモデル】

品番 HDD容量 チューナ 仕様 発売日 店頭予想価格
DMR-BZT9000 3TB 3 USB HDD録画
専用電源ケーブル
シアターモード
専用筐体
9月15日 37万円前後
DMR-BZT910 2TB 21万円前後

 

ベーシック/エントリーモデル

品番 HDD容量 チューナ USB HDD録画 発売日 店頭予想価格
DMR-BZT810 1TB 3 9月15日 13万5,000円前後
DMR-BZT710 500GB 11万円前後
DMR-BWT510 2 9月1日 95,000円前後
DMR-BRT210 1 - 10月15日 7万円前後

 


■ 専用筐体や回路設計で、「BDの高画質/音質を追求」

 「高忠実再生」を基本コンセプトとして、「Blu-rayの高画質、高音質を追求した」というBDレコーダのプレミアムモデル。Blu-ray 3DやBDビデオ、音楽CD、録画番組など、さまざまなソースにあわせて高画質/音質再生機能を盛り込んだ。

 最上位モデルのBZT9000は、新開発の「高剛性&低重心筐体」を採用し、不要な振動を大幅に低減。3層ベースシャーシにより、重量バランスを大幅に低重心化し、振動の低減と安定化を実現した。さらに、3.5mm厚のアルミ押し出し材によるトップパネルと、サイドパネルにより本体の剛性を向上。深みあるステンカラー仕上げのアルミ無垢材によるトップパネルなど、プレミアムらしい存在感にこだわった。

 ドライブ部の振動を抑制する新開発高剛性ドライブシェルターもBZT9000のみ採用。インシュレータはABS樹脂を組み合わせた新セラミックインシュレーター。BZT910のインシュレータは樹脂製。電源ケーブルもBZT9000が10mm径のOFC、BZT910が7mm径のOFCとなっており、いずれも3芯タイプの電源インレットを採用する。

BZT9000の新セラミックインシュレーター BZT910のインシュレーター
BZT9000の32bit/192kHz DAC BZT910のの32bit/192kHz DAC

 また、システムLSIのUniphierがBDレコーダのシステム全体を制御し、動作モードに応じて不要な回路ブロックの動作を停止させ、映像や音声に影響を与えるデジタルノイズの発生を抑える「インテリジェント ローノイズシステム」を搭載。ノイズレベルを大幅に低減し、これまで聴こえなかったわずかな音のニュアンスまで豊かに再現するという。

 「ハイクラリティサウンド2」も搭載。アナログ映像出力を利用しない場合はアナログ映像回路を停止し、システムLSI内部で発生するデジタルノイズを大幅に低減。従来は映像DACのみを停止していたが、“2”ではデジタル系前処理まで含めて停止するという。

 さらに、音楽CD再生時にはアナログ/デジタル映像信号処理回路を停止(従来は映像信号回路とHDMIは動作)。また、アナログ音声出力を利用する場合には、HDMI回路も停止する。これにより音楽CD再生時のノイズ源を抑制する。

 「シアターモード2」も搭載。市販BDソフト再生時やCD再生時に、放送チューナやHDD、冷却ファンの動作を停止する。従来のシアターモードでは冷却ファンは低速で回転していた。

 画質面では、リアルクロマプロセッサplusを進化。マルチタップ クロマアップサンプリング処理は、ビデオ素材(インターレース)をプログレッシブ変換してから、クロマアップサンプリングすることで色の垂直解像度を通常の約2倍に向上するとともに、オーバーシュートを抑えながら水平方向の色解像度を向上し、素材の色情報を引き出す。Blu-ray 3D再生時のクロマアップサンプリング処理精度を向上し、「3D立体視ならではの豊かな艶と質感を楽しめる」という。

 シーンごとに映像を分析して周波数帯毎に最適な処理を行なう「ディテール・クラリティ・プロセッサ for BD」も強化。輝度信号に加え、色信号の処理を追加して、特にプロジェクター視聴時のフルハイビジョン映像の精細感を高めた。

 真空管サウンドをエミュレートする機能も強化し、演算精度を向上することで、真空管本来の特徴をさらに引き出したとする。これまで採用していた高音質コンデンサも視聴を重ねてさらに厳選。BZT9000では、OFCリード線の径を太くすることで、音の安定感を向上した。32bit/192kHz DACや低雑音オペアンプ、OFC電源トランス(BZT9000)などの高音質パーツも引き続き採用している。

 HDMIは2系統搭載(MAIN/SUB)。SUB側は音声専用出力として利用できる。アンプ側でオーディオクロック生成する際に発生するジッタを低減するシステムを装備している。

BZT9000の電源/音質コンデンサー BZT9000の高音質コンデンサー BZT9000の電源
BZT910の電源/音質コンデンサー BZT910の高音質コンデンサー

 


■ USB HDD録画やネットワーク機能強化も

 録画関連の機能はDMR-BZT810/BZT710とほぼ共通だが、HDD容量はBZT9000が3TB、BZT910が2TBとなる。いずれも、地上/BS/110度CSデジタルトリプルチューナを搭載し、Ethernetを使ったスカパー! HD録画にも対応。最大4番組の同時録画が可能となっている。

 大きな機能強化点として、別売のUSB HDDが追加可能になったことで、HDD容量を拡張できる。USB HDDの複数台同時接続はできないが、最大8台まで登録可能となっている。パナソニック純正の500GB HDD「DY-HD500-K」を用意するほか、他社製のUSB HDDも接続可能。対応HDDについては同社ホームページで案内する。

 MPEG-4 AVC/H.264エンコードによる長時間録画にも対応。HZモード(1.6Mbps)では、BSデジタル放送を最大15倍の長時間録画が行なえる。第7世代アドバンスドAVCエンコーダーにより、放送局から送られてくる番組情報を元に自動でジャンルを判別。ドラマ/アニメ/スポーツ/音楽ライブなどのジャンルにあわせて、最適なエンコード処理を行ない、ノイズの発生を抑えるという。Blu-ray 3D再生中の同時録画にも対応する。

 「1秒番組表表示」、「1秒録画一覧表示」など番組表の起動や録画リストの呼び出し速度を向上。「1秒ディスクトレイオープン」にも対応し、電源OFF時にトレイオープンボタンを押すと、1秒でトレイが開き、素早くBD/DVD視聴が可能という。

 最大2カ月先までのNHK/WOWOW/スターチャンネルのおすすめ番組情報を表示する機能も搭載(スターチャンネルは10月1日から)。ネットサービス「ディモーラ」による遠隔録画予約や、「ミモーラ」による録画番組検索/シーン頭出しにも対応する。また、9月15日からスタートメニューにディモーラのおすすめ番組が表示可能になる。

 新スタートメニューも採用。アイコンを文字で表示し、録画やダビング、写真などやりたい操作が一目でわかるようにした。ムービー連携機能も強化し、AVCHD 3DとAVCHD Progressiveに対応。AVCHD 3D動画の取り込みやディスクへのダビングに対応するほか、60p記録データをBDにダビングできるようになった。MP4ファイルの取り込みにも対応(TS形式に変換)する。

 HDDに取り込んだ写真やムービーを元に、簡単な操作で背景やデコレーション素材、BGMなどを付けたアルバムを作る「動くアルバムメーカー」も搭載。作ったアルバムやBDやDVDに保存できるほか、SDカード(VGA画質)で持ち出せる。

 3D映像のL/Rの視差を調整できる「3D奥行きコントローラー」も搭載。「飛び出し過ぎ」や、「広がり感がほしい」といったときに調整できる。また、2D映像を疑似的に3D変換して表示する「2D-3D変換」も搭載。新開発のマルチレイヤー3D変換方式により、BDソフトを見る場合にビデオや字幕、メニューをそれぞれ独立して3D変換するため、字幕やメニューが立体的に浮かび上がり、臨場感を向上するという。

 市販BD/DVDソフトの字幕位置を調整する機能も搭載。SD品質の映像をHD信号に変換する「超解像アップコンバート」も処理精度の改善により、微小信号の再現性と階調性を向上し、「従来より自然でノイズが少なく、精細感あふれた画質が楽しめる」という。アニメモードを搭載する。

タッチパッド採用の無線リモコンが付属

 DIGAに録画した番組をDLNA/DTCP-IPを使って、別の部屋の対応製品で視聴できる「お部屋ジャンプリンク」も強化。新たに3番組の同時録画中でも別室の対応機器からお部屋ジャンプリンクが可能になった。また、DIGAで受信して録画している番組をそのままネットワークで別室の対応機器に転送する「放送転送」も強化。従来はDIGA録画中は、放送転送ができなかったが、新モデルでは1番組録画中でもポータブルテレビなどに放送転送できる。

 リモコンはタッチパッドを搭載した無線リモコンで、カーソル操作だけでなく、フリック操作に対応。番組表や録画一覧のリスト検索時のページ送りなどのタッチパッドを活かした操作が可能になる。また、リモコンに「ワンタッチ予約/録画」ボタンを搭載し、視聴中の番組をワンボタンで録画予約できる。

 また、直販サイト「パナセンス」でのモニター販売も実施。応募期間は、8月31日の11時までで、DMR-BWT9000の入札価格は下限が244,700円、上限が311,200円。DMR-BZT910は下限が138,400円、上限が187,200円。詳細はパナセンスのサイト内で案内している。

型番 DMR-BZT9000 DMR-BZT910
HDD容量 3TB 2TB
デジタル
チューナ
3
出力端子 HDMI×2
D4×1
S映像×1
コンポジット×1
同軸デジタル音声×1
光デジタル音声×1
アナログ音声(2ch)×1
入力端子 S映像×1、コンポジット×1、アナログ音声(2ch)×1
i.LINK
(DV入力/TS入出力兼用)
2端子(1系統)
消費電力 約29W 約28W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.03W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約5.4W
時刻表示OFF 約3.5W
クイックスタート「切」時
時刻表示OFF 約0.03W
クイックスタート「入」時
時刻表示ON 約5.4W
時刻表示OFF 約3.5W
外形寸法
(幅×奥行き×高さ)
438×239×77mm 430×239×68mm
重量 約7.5s 約3.8s

(2011年 8月 9日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]