◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

パナ、ソニー、東芝ら5社、HD映像用新著作権保護技術

−スマホやTV向け。Sandisk、Samsungも


 パナソニック、サムスン、サンディスク、ソニー、東芝の5社は、SDカードなどのフラッシュメモリカードや、さまざまなストレージデバイス用の新コンテンツ保護技術の普及に向けて協力していくことで合意した。

 5社は「次世代セキュアメモリーイニシアティブ」の下で、タブレットやスマートフォンなどで使われているSDカードや組み込みメモリーのためのHD画質対応セキュリティ技術をまとめ、ライセンスおよび普及活動を行なう。

 新技術では、コンテンツの保護を目的とし、フラッシュメモリーのユニークなID(個体識別)技術と公開鍵基盤に基づいた強靭なコピー防止システムを含んでおり、同技術の利用を通して高次元のコンテンツセキュリティが実現されるという。また、この技術を利用することで、HDネットワークダウンロード、HD放送コンテンツの持ち出し、BDからのHDデジタルコピー/マネージドコピーなどのHDコンテンツの応用展開が可能になる。

 これにより、ユーザーがAndroidベースのスマートフォンやタブレット、テレビ、BDなどの幅広い機器でHDコンテンツを楽しめるという。

 5社は2012年の早い時期に新しいセキュアメモリー技術のライセンスを開始するために協力。2012年の市場導入を見込んでいる。


(2011年 12月 20日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]