◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニーとパナソニック、テレビ用有機EL共同開発で合意

−2013年内に量産技術確立。印刷ベース


 ソニーとパナソニックは25日、テレビ/大型ディスプレイ向けの次世代有機ELパネルとモジュールを共同で開発する契約を締結した。

 両社は有機ELの製造において、それぞれが有する基本技術や印刷技術を活用し、次世代の有機ELパネルとモジュールを共同で開発。今回、共同開発を進めるのは、印刷をベースとした次世代有機EL技術で、大型かつ高精細の有機ELパネルやモジュールを、低コストで量産するのに適した技術という。両社が技術を持ち寄ることで開発効率を高め、2013年内の量産技術の確立を目指す。

 ソニーは、2007年に世界初の11型有機ELテレビを発売。2011年には25型の業務用モニターを発売するなど、蒸着技術を用いた有機ELディスプレイの量産、商品展開に取り組んできた。また、蒸着と印刷を組み合わせたハイブリッド有機EL素子のデバイス、プロセス(製造)技術や、酸化物TFTやフレキシブル有機TFTなどの有機EL駆動TFTの開発成果を学会発表するなど、研究開発にも取り組んでいる。

ソニー「XEL-1」 25型有機ELモニター「BVM-E250」

 パナソニックは、オール印刷方式による大画面/高精細有機ELパネルの技術開発で先行しているとのことで、この方式による生産を実現するための独自の設備技術/生産技術を有している。また、将来期待されている大画面/高画質のシート型ディスプレイを目指し、フレキシブル有機ELディスプレイの研究開発にも取り組むなど、有機ELパネルの将来の可能性を追求している。

 今後両社は、有機ELパネル/モジュールの次世代技術の共同開発と並行し、量産フェーズでの協業の可能性についても検討。そして、それぞれの強みを活かし、次世代の有機ELテレビ/大型ディスプレイの開発/商品化に取り組むとしている。


(2012年 6月 25日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]