◇ 最新ニュース ◇

2014年9月19日

2014年9月18日

2014年9月17日

【Watch記事検索】

ソニー、業界最高速の「XQDメモリーカード」Sシリーズ

−転送速度168MB/秒。100m走をゴールまでRAW連写


32GBの「QD-S32」

 ソニーは、民生向けメモリーカードとして業界最高という転送速度168MB/秒を実現した、「XQD」カードの新モデル「Sシリーズ」を7月11日に発売する。メモリ容量32GBの「QD-S32」と64GBの「QD-S64」をラインナップ。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は「QD-S32」が4万円前後、「QD-S64」が6万円前後。

 XQDカードは、CompactFlash Association(CFA)による次世代メモリーカード規格として、対応製品であるニコンのデジタル一眼レフカメラ「D4」と共に、2月から発売されている。

 既発売のモデルは「Hシリーズ」で、転送速度は書き込み/読み出しどちらも125MB/秒(1Gbps)。今回のSシリーズはより高速で、書き込み/読み出し共に168MB/秒の実行速度を実現。従来のコンパクトフラッシュのインターフェイス速度理論値である167MB/秒を越える能力となっている。


64GBの「QD-S64」

 高速転送を活かし、スポーツの報道現場などでの利用も想定。デジカメの場合、12bitの圧縮RAWファイル3,000枚、32GBのデータを3.8分でPCへ転送できるという。

 また、RAW撮影モードで、約10コマ/秒の高速連写を使い、最大108枚までの連写が可能。これにより「100m走の陸上競技で、スタートからゴールまで一気にRAW撮影ができ、決定的な瞬間を捉えられる」としている。

 インターフェイスはPCI Expressを採用。対応アダプタとしては、USB 3.0接続のカードリーダ「MRW-E80」と、Expressカードスロット用のカードアダプタ「QDA-EX1」が発売されている。

 また、Thunderbolt搭載のPCに、対応カードリーダーと、ソニーのXQDエクスプレスカードアダプタを経由して高速転送も可能。Thunderboltインターフェースに対応するためのドライバは、7月下旬からダウンロード提供するという。

 また、7月下旬には、誤って削除したファイルを復旧するためのPC用ソフト「メモリーカードファイルレスキュー」を無償提供。対応製品のニコン「D4」において、RAW、JPEG(DCF形式)、MPEG-1、MP4(MPEG-4、MPEG-4 AVC/H.264)、AVCHD、3D動画(AVCHD 3D形式)、3D静止画(MPO形式)、ドキュメント類などを可能な限り復旧できるという。

 カードの外形寸法は38.5×29.6×3.8mm(縦×横×厚さ)。重量は約10g。



(2012年 7月 2日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]