◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

TBSラジオ、ライブの音源を当日入手できる「LIVE to GO」

会場でカード購入し、MP3ダウンロード。11月から実施


「LIVE to GO」のロゴマーク

 TBSラジオ&コミュニケーションズは、全国のライブハウスやコンサートホールで、その日のライブ音源を購入できるサービス「LIVE to GO」を11月に開始。JUN SKY WALKER(S)とaccessのライブで実施する。

 ライブに来た観客が、会場でシリアル番号の書かれたライブ音源購入カード(LIVE to GO CARD)を購入。ライブ終演後、最短1時間でパソコンとAndroidスマートフォンで、MP3ファイル化された音源がダウンロードできるというサービス。「その日のライブの興奮や感動を、観客がその日に“お持ち帰り”できる新しい仕組み」(TBSラジオ&コミュニケーションズ)だという。

 同社は、既に同様のサービスをTBSテレビと共同で赤坂BLITZにおいて「BLITZ T2D」として6月より開始。1公演における全観客に対する販売率は20%〜58%と高く、低コストで実施できる事から、BLITZ以外でのホール/ライブハウスで実現できないかという要望が高まり、改めて「LIVE to GO」という新サービスとして開始する事になったという。

 なお、ライブの原盤権や著作権をTBSが保持するのではなく、コンサートやライブの主催者からの業務委託としてTBSが実施する形となる。そのため、音源の販売価格や楽曲数は主催者側が自由に決定できる。

 また、新しい取組みとして、事前にライブ音源購入権利の販売をチケット販売サービスのe+を運営するエンタテインメントプラスと実施する。


UN SKY WALKER(S)

 「LIVE to GO」が初めて実施されるのは、11月21日と22日に渋谷公会堂で行なわれる「JUN SKY WALKER(S)/J(S)W TOUR 2012 LOST & FOUND:SECOND STAGE」。会場で購入カードが2,500円で販売されるほか、e+での購入権利事前販売も10月29日より2,300円で販売を開始する。

 なお、ダウンロードできるのは、その日のライブ音源からセレクトされた12曲と、その日に撮影されたライブ写真、および収録されたアーティストメッセージのセットが予定されている。


access

 11月25日と26日、舞浜アンフィシアターで開催される「access/access Special Live Event 20th Anniversary Party」では、ダウンロード用カードが販売ではなく、特典として全観客にプレゼントされる。会場以外での音源販売は行なわない。その日のライブ音源から、数曲を提供する予定。

 TBSラジオでは、全国のライブ・コンサート収録する業務も開始。「LIVE to GO」だけでなく、放送局ならではの機材を共有できるメリットや、媒体としてライブ告知プロモーションができる相乗効果も活用し、今後も音楽ライブを盛り上げるサービスを拡充するという。



(2012年 10月 29日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]