ニュース

スカパー! 、MPEG-2のSD画質放送を'14年5月31日に終了

プレミアムサービスのCh.100〜300番台など。HDへ移行

 スカパーJSATは、有料放送「スカパー! プレミアムサービス」の放送方式変更に伴い、従来のMPEG-2形式による標準画質放送を2014年5月31日に終了すると発表した。

 スカパー! プレミアムサービスは現在ハイビジョン化を進めており、標準画質の放送を現在のMPEG-2からMPEG-4 AVC/H.264に変更。MPEG-2での標準画質放送を終了することが決まっている。

【1月17日17時50分訂正】記事初出時、「標準画質の放送を終了する」としていましたが、「標準画質放送の方式をMPEG-2からMPEG-4 AVC/H.264に変更」に訂正しました。

 2014年5月31日にMPEG-2での標準画質放送を終了するチャンネルは、「スカパー! プレミアムサービス」のCh.100番台、200番台、300番台、700番台、Ch.900〜917。ただし、Ch.216「ベターライフ」、Ch.217「セレクトショッピングCh.217」、Ch.220「ショップチャンネル」、Ch.222「QVC」は対象外。

 対象の標準画質放送は終了するが、ハイビジョンを中心とした同一編成のチャンネルは500番台、600番台、Ch.942〜975にて継続して放送。プレミアムサービス対応のチューナへ交換し、契約変更手続きを行なえば引き続き視聴できる。なお、Ch.400番台の音楽ラジオは、同じチャンネル番号のまま引き続き放送する。契約者に対しては、17日以降、会報誌やDMなどで案内を順次行なう。

(中林暁)