ニュース

iPhone/iPad向けTVチューナ「エリアフリー」のアプリ更新

宅外視聴時の画質が起動時は低速回線用に

エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー(SB-TV04-WRIP)

 ピクセラは5日、ソフトバンクBBから「SoftBank SELECTION」として販売されているiPhone/iPad用「エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー」(SB-TV04-WRIP)で利用する無償アプリ「エリアフリーTV(StationTV i)」をバージョン3.0.016にアップデートした。主な更新内容は、リモート接続を使用して宅外から視聴する際の画質を、起動時に低速回線用に設定するようになった点。

 そのほか、視聴までのアニメーション表示がステップに応じて変わるようになるほか、各種の不具合が修正される。なお、このバージョンのアップデータには、チューナ本体のファームウェア更新も含まれる。

 「エリアフリー 録画対応デジタルTVチューナー」は、自宅で受信したテレビ/録画番組にiOS端末向けの独自の暗号化を施し、インターネット経由で宅外からも専用アプリで視聴可能な、地上/BS/110度CSデジタル3波チューナ。3G回線/LTE通信での使用はできないので、iOS端末を無線LANに接続する必要がある。対応デバイスは、iOS 5.1/6.0を搭載した、iPhone 4/4S/5、第2〜4世代iPad、第5世代iPod touch。

(庄司亮一)