ニュース

シャープ、デザイン一新した「AQUOS クアトロン G9」

42〜60型の4モデル。実売16万円〜

AQUOS クアトロン G9シリーズ

 シャープは、4原色クアトロンパネルを採用した液晶テレビ「AQUOS クアトロン G9シリーズ」を6月20日より順次発売する。40型は7月30日に発売、46型〜60型は6月20日より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は40型の「LC-40G9」が16万円前後、46型「LC-46G9」が23万円前後、52型「LC-52G9」が26万円前後、60型「LC-60G9」33万円前後。

 '12年春に発売したAQUOS クアトロン G7シリーズの後継機となり、アルミ素材を使ったスリムフレーム採用の「アルミフレームデザイン」にデザインを一新して、高級感と筐体の剛性向上の両立を図った。また、テレビコントラストを800万:1に向上(G7は700万:1)したほか、年間消費電力量も削減している。

LC-60G9
LC-52G9
LC-46G9
LC-40G9

 液晶は4原色のクアトロンパネルで、829万サブピクセル駆動システムを採用。映像シーンごとにサブピクセルを最適駆動させて、輪郭などのディテールを鮮やかに再現できるという。パネル解像度は1,920×1,080ドットのフルHDで、バックライトはエッジ型のLED。テレビコントラストは800万:1、視野角は上下/左右176度。3D表示にも対応し、別売のメガネ「AN-3DG20」を追加することで、Blu-ray 3Dなどを楽しめる。

 映像エンジンは「高画質マスターエンジン プロ」で、映像のフレームごとの輝度や周波数を解析し、コントラストやノイズ低減などの高画質化処理を行なう。16倍速相当の動画性能を実現するという「240フレッドスピード」を搭載。液晶パネル駆動とLEDバックライト点滅を高速制御させることで、残像感を低減している。

 スピーカーは、2×13cmのフルレンジ×2と8cmウーファ×1を搭載した2.1chシステムで、最大出力は7.5W×2ch+15W。オーディオLSI「新・AudioEngine」により、周波数特性と位相の乱れをトータルに補正し、クリアな音質と自然な音像定位を実現。また、同時に反響する仮想音を組み合わせる倍音合成技術で低音感を拡張している。

リモコン

 地上デジタルチューナを3系統、BS/110度CSデジタルチューナを2系統搭載し、地デジ2番組録画中でも裏番組の視聴が可能。また、別売のUSB HDDを接続しての約8倍の長時間録画や、AQUOSブルーレイへのネットワークダビングに対応する。HDMIは4系統装備する。

 操作画面は、番組情報とネット情報を同画面上に表示する「ビジュアルモーションガイド」。リモコンの「HOME」ボタンを押すことで、3段の画面でテレビ番組やインターネットの情報、AQUOS Cityなどの情報を一覧で確認できる。おすすめ選局ナビは、視聴中番組や視聴履歴から番組をおすすめするほか、登録キーワードに関連する番組やネットの関連情報を表示。

 視聴中のチャンネル以外のチャンネル画面を静止画でタイトルとともに表示する「新・裏番組表」も備えている。

 Ethernetのほか、IEEE 802.11a/b/g/n対応の無線LANを内蔵。DTCP-IP/DLNAプレーヤー機能として動作する「ホームネットワーク」機能を備え、DLNAサーバー内の動画や写真、音楽などをAQUOSで再生できる。また、AQUOS PHONEで撮影した動画や写真をフリックしてテレビに出力できる「スマートファミリンク」に対応する。

 従来機「G7シリーズ」との比較で、10%以上の年間消費電力削減も行なった。部屋の明るさにあわせて画面の輝度を調整する「明るさセンサー」やリモコンのボタン操作だけで消費電力を抑えた表示とする「セーブモード」を搭載する。

型番 LC-60G9 LC-52G9 LC-46G9 LC-40G9
サイズ 60型 52型 46型 40型
画素数 1,920×1,080ドット
テレビ
コントラスト
800万:1
視野角 上下/左右176度
バックライト LED(エッジ型)
スピーカー
出力
7.5W×2ch+15W
入力端子 HDMI入力×4、D5入力×1、コンポジット入力×1、
アナログRGB入力(D-Sub15ピン)×1、アナログ音声出力×1、
ヘッドフォン出力×1、光デジタル音声出力×1、USB×3、Ethernet
消費電力 約210W 約162W 約144W 約125W
年間消費
電力量
125kWh/年 103kWh/年 87kWh/年 79kWh/年
外形寸法 137.8×38.9
×85.0cm
119.6×30.2
×74.9cm
106.1×30.2
×67.2cm
92.8×30.2
×59.7cm
重量 40kg 27kg 22.5kg 17kg

(臼田勤哉)