ニュース

マランツ、バイアンプ対応ネットワークCDレシーバ

24bit/192kHz対応。無線LAN内蔵で69,300円

スピーカー「LS603」と組み合わせた利用イメージ。スピーカーは付属しない

 マランツは、無線LANを備え、ネットワークオーディオプレーヤー機能と、CDプレーヤー、アンプなどを一体化した「M-CR610」を8月下旬に発売する。価格は69,300円。

 2010年に発売した「M-CR603」をベースに、無線LAN機能を追加し、再生対応フォーマットを拡充。パーツのブラッシュアップ、サウンドチューニングにより音質を向上させたモデル。

 無線LANはIEEE 802.11b/gに準拠。DLNA 1.5に準拠したネットワークプレーヤー機能を搭載し、NASなどに蓄積したMP3、WMA、AACに加え、24bit/192kHzのFLAC、WAVファイル、24bit/96kHzのApple Losslessの再生も可能。FLAC、WAVでは、ギャップレス再生にも対応する。

 さらに、AirPlayにも対応。PCのiTunesやiPod touch、iPhone、iPadなどとワイヤレスで連携し、それらの端末から音楽をストリーミング再生できる。さらに、インターネットラジオの聴取も可能で、インターネットラジオ局検索サービス「vTuner」が利用できる。

CDプレーヤーも内蔵
背面
B&Wのスピーカー「CM1」と組み合わせたところ
フロントのUSB端子部

 フロントとリアに計2系統のUSB入力を装備、USBメモリなどに保存した音楽ファイルを再生できるほか、iPod/iPhoneを接続し、デジタル伝送で再生する事もできる。前面端子は抜き差しを頻繁に行なうUSBメモリなどを使い、背面のUSBにはUSB HDDなどを接続するといった使い分けが可能。また、接続したiPod/iPhoneの充電も可能で、電源をスタンバイ状態にしても充電完了まで電流を供給し続ける。

 CDプレーヤー機能も備え、MP3/WMAを記録したCD-R/RWの再生も可能。AM/FMラジオも搭載している。

 iOS機器やAndroid端末で利用できるアプリ「Marantz Remote App」から、ワイヤレスで操作が可能。電源ON/OFF、入力切り替え、ボリューム操作に加え、PCやNAS内の音楽ファイルの選択、ネットラジオ局のブラウジングにも利用できる。なお、ネットワーク設定を手軽に行なうために、iOS機器の無線LAN設定をメインユニットにコピーする「Wi-Fiシェアリング」や、対応ルータのボタンとタイミングを合わせて押す事で接続ができる「Wi-Fi CONNECT」ボタンも用意。ネットワーク回線の混雑による音切れを起こりにくくする「Wi-Fi Multi Media」(WMM)にも対応する。

 定格出力は50W×2ch(6Ω)、最大出力は60W×2ch(6Ω)。スピーカーの適合インピーダンスは6〜8Ω。4ch出力によるバイアンプ駆動にも対応しており、対応スピーカーのツイータ、ウーファを独立したアンプでドライブ可能。

 2組のスピーカーを同時に、または切り替えて鳴らすことも可能。2つの部屋で音楽を再生する事もでき、スピーカーA、Bにおいて、Bの音量はAに対して、出力を-6dB、0dB、+6dBの3段階で調整する事も可能。

 パワーアンプのドライブ能力を最大限に引き出すため、基板上のグラウンドラインを最適化。左右チャンネルの音質差を排除するため、グラウンドラインも含むオーディオ回路を左右対称にレイアウトしている。また、電源や信号経路も全面的に見直し、最短化。低インピーダンス化によるパワーアンプのドライブ能力の向上とノイズの低減を実現したとする。

 また、入力から出力まで、すべてのステージで音声信号をデジタルで処理。音質の劣化を防いでいる。外部入力として、アナログ音声×2、光デジタル×1を搭載。出力は、アナログ音声×1、サブウーファプリアウト×1、ヘッドフォン出力×1を備える。

 シンメトリーレイアウトや3ピース構造のフロントパネル、スターマークなど、マランツ伝統のデザイン要素を継承。電源ボタンやカーソルキーには、アルミ素材を採用している。フロントパネルには3行表示の有機ELを採用。リモコンも付属する。

 消費電力は55W。待機時消費電力は0.3W(通常スタンバイ)/3W(ネットワークスタンバイ)。外形寸法は292×303×112mm(幅×奥行き×高さ)。重量は3.4kg。

(山崎健太郎)