ニュース

SCE、TVと接続する小型ゲーム/エンタメ端末「PS Vita TV」 9,954円

VitaをそのままSTBに。ゲームプレイやniconico視聴も

PS Vita TV

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、テレビに接続し、PlayStaiton 4と連携したゲームプレイやビデオ配信などを楽しめる小型のプレイステーション「PlayStaton Vita TV(PS Vita TV)」(型番VTE-1000 AB01)を11月14日に発売する。価格は9,954円。

 なお、PS Vita TVの操作には別売のコントローラ「DUALSHOCK 3」が必要となる。DUALSHOCK 3やHDMIケーブル、8GBメモリーカードをセットにしたバリューパック(VT-1000 AA01)も11月14日に発売され、価格は14,994円。

発表会場で展示された「PS Vita TV」
HDMI出力などを備えている
上部にPlayStation Vitaのゲームカード用スロットを搭載
操作には別売のコントローラ「DUALSHOCK 3」が必要
iPhone 4S(右)とのサイズ比較

PS Vitaのシステムをそのまま搭載。テレビにHDMI接続

PS Vita TVを紹介するSCEJAの河野弘プレジデント

 6.5cm×10.5cmという小型サイズの筐体の新エンタテインメントシステム。テレビと接続して、PS Vitaやゲームアーカイブスのゲームがテレビでプレイできるほか、PlayStation Storeのビデオや、niconicoやHuluなどのビデオオンデマンドサービスを楽しめる。

 PS Vitaのチップセットやシステムソフトを採用しながら、テレビに接続するエンタテインメント端末で、テレビとの接続にはHDMIを利用する。CPUはARM Coretex A9 Core(4コア)でGPUはIMG SGX543MP4+。EthernetやUSB、メモリーカードスロット、PlayStation Vitaスロットなどを本体に装備する。本体内蔵のメモリーカードは1GB。

 IEEE 802.11b/g/nの無線LANやBluetooth 2.1+EDRにも対応。BluetoothプロファイルはA2DP、AVRCP、HSP、HIDをサポートする。外形寸法は65×105×13.6mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約110g。電源はACアダプタ。

PS Vita TV
前面にPS Vitaロゴ
EthernetやHDMI、USBなどを装備
PS Vita TV。DUALSHOCK 3は別売

 PS Vitaと同様のスタンバイモードに対応し、電源を完全にオフにすること無く、速やかな復帰に対応。HDMI CECに対応し、テレビとの電源連動にも対応する。接続可能なコントローラ「DUALSHOCK 3」は同時に2台までとなる。

 なお、「DUALSHOCK 3」にはタッチパッドを備えていないため、PS Vitaの背面/正面タッチパネルを用いた操作を再現できないが、「操作面での対応ソフトの詳細情報は、公式サイトでご案内する予定」(SCEJAの河野弘プレジデント)だという。

ビデオ、ゲーム、PS4リモートを1台で

PS Vita TVを披露

 PS Vita TVの主な機能は、「ビデオサービス」、「ゲームプレイ」、「PS4リモートプレイ」、ブラウザなど「ネットワークサービス」など。

 ビデオサービスについては、PS Storeのほか、niconico、Hul、TSUTAYA TV、DMM.com、U-NEXT、スカパー! オンデマンド、テレビドガッチなどのビデオ配信サービスに対応。TV上で各コンテンツを楽しめる。また、SCEのレコーダ「nasne」にも対応し、nasneの録画番組などをPS Vita TVから再生できる。ゲームデータのnasneへのバックアップも可能。

 ゲームについては、まずPS Vitaの各タイトルに加え、ゲームアーカイブスにおける初代プレイステーションやPSPなどのタイトルから合計1,300以上のタイトルに対応。別売のコントローラ「DUALSHOCK 3」を使ってゲームプレイが可能となる。

 今後のシステムソフトウェアアップデートにより、PlayStation 4(PS4)とホームネットワーク経由で連携し、PS4リモートプレイが可能になる。これにより、PS4とは別室に設置したPS Vita TVからPS4のゲームを、PS4利用時と変わらない操作感でプレイ可能になるという。

各VODサービスに対応
PS4のゲームを別室でプレイも

 また、ブラウザやメール、パーティなどのネットワークサービスにも対応。定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」や、radiko.jp、電子書籍リーダの「Reader for PayStation Vita」、「LiveTweet for PlayStation Vita」などに対応。カラオケの「JOYSOUND TV(仮題)」も利用できる。

「歴代最小のPlayStationでテレビを進化させる」

PS Vita TVを発表するSCEアンドリュー・ハウス グループCEO

 アンドリュー・ハウス グループCEOは、PS Vita TVの特徴について、「Vitaのシステムを採用したもので、あらゆるエンタテイメントをこの小さな筐体に凝縮しました。テレビに接続される機器としては歴代のPlayStationの中で最も小さな機器。この小さなPlayStationが、テレビをより楽しく進化させてくれます。ビデオ配信サービスを始めとした、様々なコンテンツが楽しめ、もちろんPS VitaやPSP、初代PlayStationのゲームアーカイブスなど、1,300以上のタイトルをDUALSHOCK 3を用いてプレイできます」と説明。

 さらに、「世界中のゲームソフトウェアメーカー様にとっても、Vita向けに開発したゲームの世界が、テレビの中に広がり、新しい市場が提供される事でもあります。また、PlayStation 4のコンパニオンデバイスとしても大活躍します。リビングに置かれたPS4と、離れた部屋のテレビにPS Vita TVを接続すれば、PS4のゲームが楽しめる。つまり、PS4の世界を小さな筐体で持ち運べます」と、魅力を紹介。価格を9,954円に抑えた事については、「これだけの豊富な体験を、沢山の皆さんに楽しんでいただきたい」と語った。

(臼田勤哉 / 山崎健太郎)