ニュース

アップル、薄型/軽量化した9.7型「iPad Air」11月1日発売

厚さは7.5mm。16GBで51,800円〜。128GBモデルも

iPad Air

 アップルは22日(米国時間)、9.7型Retinaディスプレイを搭載しながら、約20%薄型化した新iPad「iPad Air」を発表した。11月1日より日本で発売され、16〜128GBまでをラインナップ。Wi-FiモデルのApple Store価格は16GBが51,800円、32GBが61,800円、64GBが71,800円、128GBが81,800円。

 カラーはスペースグレイとシルバーの2色展開。ソフトバンクやauなどからWi-Fi + Cellular版も発売される。

iPad Air(スペースグレイ)
iPad Air(シルバー)
左がシルバー、右がスペースグレイ
iPad Air(スペースグレイ)
iPad Air(シルバー)
上段がWi-Fiモデル、下段がWi-Fi + CellularモデルのApple Store価格

 9.7型/2,048×1,536ドットのRetinaディスプレイを採用。液晶はIPS方式で、精細度は264ppiと、従来の第4世代iPadからスペック上の大きな変更はない。ただし、従来比43%という大幅な狭額縁化を行ない、約20%の薄型化により厚みは7.5mmとした。重量は469g(Wi-Fi)/478g(Wi-Fi+Cellular)で、従来モデルの652g/662gより大幅に軽量化された。バッテリ駆動は約10時間。

 プロセッサは、iPhone 5sと同様に64bitアーキテクチャを搭載したA7チップとM7モーションコプロセッサを搭載。パフォーマンスの向上とともに、バッテリ駆動時間の向上も図られたという。OSはiOS 7で、音声入力の「Siri」や近くのiPhoneユーザーなどと無線LAN経由でコンテンツを共有する「AirDrop」などに対応する。

ベゼルは43%薄型化
側面
重さは500gを切り、片手でも持ちやすい
iPad Air(左)とiPad mini(右)

 なお、第4世代iPadなどシンプルな「iPad」の名称のモデルはなくなるが、新iPad mini RetinaやiPad miniのほか、2011年発売の9.7型/1,024×768ドット液晶の「iPad 2」が引き続き廉価モデルとしてラインナップ。iPad 2の価格はWi-Fi 16GBモデルが39,800円、Wi-Fi + 3Gが53,800円。

 無線LANは、IEEE 802.11a/b/g/nに準拠し、デュアルチャンネル(2.4GHz/5GHz)とMIMO対応。Bluetoothは、Ver.4.0に準拠する。Wi-Fi+CellularモデルはLTE(バンド1、2、3、4、5、7、8、13、17、18、19、20、25、26)などの携帯通信網に対応。また、Assisted GPSもWi-Fi+Cellularモデルのみの機能となる。

 外側と内側にカメラを搭載。外側のカメラ(iSightカメラ)は裏面照射型CMOSセンサーで500万画素の静止画撮影に対応。顔検出機能やHDR撮影に対応する。1080p/30fpsの動画撮影にも対応する。

 内側のFaceTime HDカメラでは、720pの動画撮影に対応。センサーは裏面照射型で、1.2メガピクセルの写真撮影に対応し、顔検出やタップして露出コントロールも可能。写真とビデオにジオタグ情報を記録する事もできる。

 AirPlayを使い、画面をApple TV(第2世代と第3世代)へミラーリング出力する事も可能。別売のLightning Digital AVアダプタやLightning - VGAアダプタ経由で最大1080pの出力も可能となっている。

 再生可能なビデオ形式はMPEG-4 AVC/H.264。最高1080p(1,920×1,080ドット)、60fps、High Profile 4.2のAVC動画が再生可能。MPEG-4(640×480ドット、30fps、2.5Mbpsまで)や、1,280×720ドット/30fpsのMoton JPEG(最大35Mbps)にも対応。対応ファイルコンテナはAVC/MPEG-4がmp4と.m4v、mov。Motion JPEGが.avi。

 対応音楽形式はAACとMP3、Apple Lossless、AIFF、WAV、Audible、HE-AACで、AAC/MP3の対応ビットレートは8〜320kbpsまで。写真はJPEG、GIF、TIFFなど。

 スピーカーやマイクを備え、本体上にON/OFFボタン、本体右にボリュームボタン、ミュートボタン、回転ロックを装備する。ステレオミニのヘッドフォン出力も装備。電子コンパスも内蔵する。パソコンなど周辺機器とのインターフェイスはLightning。

背面(スペースグレイ/Wi-Fi + Cellularモデル)
背面(シルバー/Wi-Fiモデル)
本体下部にLightning端子とスピーカー
7.9型iPad miniのRetinaディスプレイモデル(写真の下側2モデル)も発表された。詳細は別記事に掲載している

 バッテリは32.4Whのリチウムポリマーで、バッテリ持続時間は約10時間。Wi-Fi + Cellularの通信時で約9時間。外形寸法は240×169.5×7.5mm(縦×横×厚み)で従来のiPad(241.2×185.7×9.4mm)より横幅が小さく、薄くなった。Lightning - USBケーブルや12W USB電源アダプタが付属する。

 また、アクセサリとして「Smart Cover」と、背面も保護する「Smart Case」をオプションとして用意。カラーは6色を用意し、Apple Store価格はCoverが4,080円、Caseが9,400円。

主な特徴
別売の「Smart Case」

(臼田勤哉)