ニュース

AmazonのVOD「Amazonインスタント・ビデオ」が26日スタート

HD 1万本超で日本参入。Kindle FireやPCから再生

Amazonインスタント・ビデオ。Kindle Fireやパソコンで利用可能

 Amazon.co.jpは、ビデオ配信サービス「Amazonインスタント・ビデオ」を26日にスタートした。レンタルと購入の2種類が用意され、レンタルは購入後30日以内、視聴開始後48時間以内の利用ができる。購入した場合は無期限に視聴可能。価格はレンタルが100円から、購入は1,000円から。

 26,000本を超える国内外の映画や、テレビドラマ、アニメ作品を取り揃え、うち1万本以上はHDコンテンツとなっている。

 対応端末はKindle Fireとパソコン。パソコンではストリーミングのみだが、Kindle Fireの場合はストリーミングに加えて、ダウンロードにも対応する。

デバイス 利用方法
パソコン ストリーミング
Kindle Fire ストリーミング
ダウンロード

 パソコンの対応OSは、Windows XP以降とMac OS X 10.5.7以降。ブラウザは、Internet Explorer 7.0以降、Firefox 3.0以降、Safari 5.0以降、Chrome 16以降で、プラグインとしてSilverlight Version 5.1以降が必要。推奨される最低速度は、SD(標準画質)で900Kbps、HD(高画質)で3.5Mbps。

 ウォッチリスト機能を備えており、気になる映画やテレビ番組などのコンテンツをリストに追加し、後で購入やレンタルが可能。Kindle Fire HDXの場合、Miracastを備えているため、対応テレビにワイヤレスでタブレットのスクリーンを映して楽しめるとする。

 また、Amazonインスタント・ビデオは、日本初のドルビーデジタルプラス対応オンライン映像配信サービスとなっており、ドルビーデジタルプラス搭載の新Kindle Fire HDとKindle Fire HDXを使うことで、「コンテンツから視聴機器まで一貫したプレミアムオーディオを楽しめる」としている。

 作品は「モンスターズ・ユニバーシティ」、「華麗なるギャツビー」などの最新作から、グリーなどのテレビドラマ、「舟を編む」などの日本映画、テレビドラマ「SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿」、「ジョジョの奇妙な冒険」や「機動戦士ガンダムUC」などのアニメなどをラインナップしている。

  また、お試しキャンペーンとして、「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」などの作品の100円レンタルセール(HDは200円)も12月31日まで展開する。

 Amazonインスタント・ビデオに参加する主要なコンテンツ提供会社やレーベルは以下のとおり。

参加コンテンツ提供社/レーベル

映画会社(邦画)
KADOKAWA、松竹、東映、東宝、日活
ハリウッドスタジオ
ウォルト・ディズニー、NBCUniversal、ソニー・ピクチャーズ、20世紀フォックス、パラマウント、ワーナー・ブラザース
テレビ局
朝日放送、NHKエンタープライズ、TBSテレビ、テレビ朝日、テレビ東京、フジテレビジョン、日本テレビ放送網、讀賣テレビ放送
アニメ動画・制作関連
キッズステーション、円谷プロダクション、バンダイチャンネル、マーベラスAQL、シンエイ動画
レコード会社
ポニーキャニオン、キングレコード、日本コロムビア
芸能事務所
ホリプロ、ワタナベエンターテインメント
映画配給会社
アスミック・エース、ギャガ、東宝東和、マイシアターD.D.

 アマゾン ジャパンのジャスパー・チャン代表取締役社長は、「Amazonインスタント・ビデオストアを通じて、幅広い映像コンテンツを手ごろな値段で簡単に視聴いただけるようになり、日本のお客様により多くの選択肢をご提供できることを大変嬉しく思う。Amazonインスタント・ビデオなら、ご自宅にいながら、あるいは外出先でも好きな映画やテレビをその場でお楽しみいただける。レンタルしたビデオを返却に行く必要はなく、延滞金も発生しない」とコメントしている。

(臼田勤哉)