ニュース

4K動画/ハイレゾ/デジタルNC対応の「Xperia Z2」発表

3月から各国発売。スマートウェアや普及価格帯のM2も

Xperia Z2

 ソニーモバイルコミュニケーションズは24日、4K動画撮影やノイズキャンセリング機能を搭載した新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z2」などの新製品を発表した。

 スペイン バルセロナで開催中の携帯通信関連展示会「Mobile World Congress 2014」でプレスカンファレンスを行ない、Xperia Z2のほか、タブレットの「Xperia Tablet Z2」、普及価格帯のスマートフォン「Xperia M2」などを発表した。Xperia Tablet Z2については別記事で紹介する

4K/ハイレゾ/NC対応の「Xperia Z2」

防水対応の「Xperia Z2」

 Xperia Z2は、デジタルカメラやディスプレイ、オーディオなどソニーの最新技術を結集したというフラッグシップスマートフォン。IPX5/IPX8相当の防水仕様で、IP5X相当の防塵性能を有している。OSはAndroid 4.4。3月より各市場に導入予定だが、日本市場での発売は未定。

 カメラには1/2.3型約2,070万画素の積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RS for mobie」を搭載するほか、映像処理エンジン「BIONZ for Mobile」、レンズは広角対応の「Gレンズ」などソニーのカメラ技術を集約。

 4K(3,840×2,160ドット/30p)の動画撮影機能も搭載。「防水スマートフォンで世界最高のカメラを搭載している」とする。別売の外付けマイク「STM10」を追加することで、高品位な音声録音にも対応する。

 また、電子式手ぶれ補正「SteadyShot」、撮影動画の任意の箇所をスローモーション再生できる「Timeshiftビデオ」、効果をつけた撮影ができる「ARエフェクト」などの機能も備えている。

約2,070万画素「Exmor RS for mobie」や「トリルミナスディスプレイ for mobile」搭載
動画撮影に対応
ハイレゾオーディオに対応

 ディスプレイは5.2型フルHD(1,920×1,080ドット)で、広色域表示が可能な「トリルミナスディスプレイ for mobile」。新搭載のLive Color LEDにより、鮮やかに映像を再現するほか、超解像技術「X−Reality for mobile」なども搭載する。

 オーディオも強化しており、新たにハイレゾに対応。また、スマートフォンとして初めてデジタルノイズキャンセリングに対応し、周囲の騒音を98%カットできる。ノイズキャンセリングは、専用ヘッドフォン「MDR-NC31EM」利用時のみに有効となる。ステレオスピーカーも搭載し、バーチャルサラウンドの「S-Forceフロントサラウンド」にも対応する。

 CPUはQualcomm製の2.3GHz「Snapdragon 801」、メモリは3GB、バッテリは3,200mAh。

NCイヤフォン「MDR-NC31EM」
別売マイクの「STM10」

普及価格帯の「Xperia M2」

Xperia M2

 4.8型液晶ディスプレイを採用した普及価格帯のスマートフォン。220ユーロ以下での発売を見込んでいるが、LTEやNFCなどを搭載。カメラは810万画素のExmor RS for mobileでHDRビデオ撮影に対応する。シャッターを切る前から写真を高速連写するタイムシフト連写や、撮影中の動画をFacebook上にリアルタイムで共有できるSocial liveなど独自のアプリケーションを搭載する。OSはAndroid 4.4。4月より各市場に導入予定だが、日本市場での発売は未定。

リストバンド型のスマートウェアも

SmartBand SWR10

 スマートフォンと組み合わせて使用することで生活情報を記録/活用し、「生活を楽しくする体験を提供する」というスマートウェア製品も3月より世界60カ国で発売する。リストバンド型の「SmartBand SWR10」は3月より各市場に導入予定で、日本市場での発売は未定。専用のLifelogアプリは3月よりGoogle Playで提供開始する。

 SmartBand SWR10は、スマートフォンと組み合わせることで、歩数や音楽、写真、通話などの日常を記録するもの。Lifelogアプリ上で、歩数などのデータを確認でき、行動パターンの発見や、未来のコミュニケーション、行動のきっかけになる情報を提供するという。また、電話の着信やFacebookの更新の際に振動して通知するほか、スマートフォンの音楽再生や曲送りなどの操作が行なえる。NFCに対応しているため、Xperiaとワンタッチでワイヤレス接続可能で、IPX5/8相当の防水性能も備えている。

SmartBand SWR10のカラーバリエーション
利用イメージ

(臼田勤哉)