ニュース

ソニー・ミュージック、ダンス練習用の9型液晶DVDプレーヤー「Dance Station」

Dance Station(DPJ-DS1)

 ソニー・ミュージックマーケティングは、ダンス練習向けの9型液晶ディスプレイ付きDVDプレーヤー「Dance Station」(DPJ-DS1)を、運営するショッピングサイト「Sony Music Shop」で6月1日より発売する。価格は29,500円。製造はソニーエンジニアリングが行なう。

 「スピードコントロール」と「A-Bリピート」の機能を備え、ダンスのステップや振付などを、液晶画面を見ながら練習できるDVDプレーヤー。9型/800×480ドットの液晶とステレオスピーカーを内蔵し、自宅のリビングなどでの個人練習のほか、学校の教室、集会場といったグループ練習などでの利用を想定。ダンス以外に、楽器練習や語学学習にも利用できるという。画面は「床に置いて使用する際にも見やすい角度」としている。

 スピードコントロール機能は、DPC(デジタルピッチコントロール)技術により、音程を変えることなく再生速度を0.6〜1.4倍の間で変更できるもの。元の楽曲の雰囲気を損なうことなくスロー再生ができ、「ゆっくりでもダンスにとって大切な『音楽に乗る』ことができる」という。また、「A-Bリピート」により、任意の開始点と終了点を選んで繰り返し再生/練習できる。

 DVDビデオのほか、DVD±R/RWディスクの再生にも対応。CPRMディスクにVRモードで録画したデジタル放送の番組も再生できる。音楽CDと、CD-DA形式で記録したCD-R/RWの再生もサポートする。HDMI出力も備え、別売HDMIケーブルを利用することでテレビなどに映像を表示できる。

 内蔵スピーカーのユニットは65mm径フルレンジ。65mm径のパッシブラジエータも備え、「ダンスミュージックに不可欠な低音域までしっかり再生できる」としている。ステレオミニの音声入力とヘッドフォン出力も各1系統装備。電源はACアダプタを使用し、DVDビデオ再生時の消費電力は約9W。外形寸法は381×210×254mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.8kg。リモコンが付属する。

(中林暁)