ニュース

EIZO、4K/31.5型IPS液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」。デジタル入力4系統

 EIZOは、4K解像度の31.5型液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」を9月19日に発売する。価格はオープンプライスで、EIZOダイレクト価格は199,800円(税込)。カラーはブラック(BK)とセレーングレイ(GY)の2色。

FlexScan EV3237。ブラック(左)とセレーングレイ(右)

 31.5型/3,840×2,160ドットの4K IPS液晶パネルを採用したディスプレイ。表面はノングレア(非光沢)。高解像度を活かし、金融やCAD、地図表示、表計算ソフトなど一度に大量の情報を扱う用途で効率化が図れるとしている。入力はHDMI×1とDisplayPort×2、DVI-D×1を装備。4K映像はDisplayPort接続時は60Hz、HDMI/DVI接続時は30Hzに対応する。

 中間階調色の応答速度を高速化するオーバードライブ回路を搭載。周囲の照度に合わせ最適な明るさへ自動調整するAuto EcoView機能や、同機能との併用でブルーライトの発生量を大幅に削減するというPaperモードも装備。肉眼で気づきにくい低輝度時の画面のちらつきをカットするEyeCare調光方式を採用している。

ブラック
セレーングレイ

 輝度は300cd/m2、コントラスト比は1,000:1、視野角は上下/左右178度。応答速度は中間階調域が5ms(オーバードライブ強)、黒→白→黒が16ms。10bit LUT(Look Up Table)採用で滑らかな階調表現を可能としている。

 複数の入力映像を1画面上に並べるPicture by Picture(PbyP)は、5つの分割パターンを用意。また、子画面表示(PinP)時の子画面サイズ/位置も調整できる。画面表示や省エネなどの設定機能は、新開発のソフト「ScreenManager Pro」と「EIZO Monitor Configurator」で操作できる。

 ステレオミニの音声入力を装備。1W×2chのステレオスピーカーを内蔵するほか、ヘッドフォン出力も備える。そのほか、USB 3.0準拠の3ポートUSBハブ機能も搭載。USBのうち1系統はUSB BC 1.2準拠で、スマートフォン/タブレットなどを接続した時に「通常」と「充電専用」の切り替えが可能。充電専用時は、データ通信をしない代わりに急速充電が行なえる。

 スタンドは139mmの昇降と上35度/下5度のチルト、344度のスイーベルが可能。100mmピッチのフリーマウント穴も装備する。スタンドを含む外形寸法は731×245×439〜578mm(幅×奥行き×高さ)、重量はスタンド込みで10.6kg、ディスプレイ部のみで7.8kg。保証期間は5年間(使用時間30,000時間以内)。

側面
HDMIなどの端子部

(中林暁)