ニュース

PlayStation 3が500GBモデルに集約、25,980円に値下げ

アクセスランプを省略。250GBモデルは終息

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、日本国内に向けて「PlayStation 3(PS3)」の新モデル「PlayStation 3 チャコール・ブラック 500GB」(CECH-4300C)を8月28日より発売する。価格は25,980円。発売中の500GBモデル「CECH-4200C」(チャコール・ブラック)は28,552円のため、2,575円の値下げになる。

PlayStation 3 チャコール・ブラック 500GB(CECH-4300C)

 現在はHDD容量500GBの「CECH-4200C」と、250GBで23,790円の「CECH-4200B/BLW」(チャコール・ブラック/クラシック・ホワイト)で展開しているが、これらの国内向け出荷は8月を持って終了。新500GBモデルのCECH-4300Cに集約する。

 従来モデルからの変更点は、パッケージデザインのほか、CECH-4300Cでは本体ストレージへのアクセスを示す「アクセスランプ」が省略されたこと。基本的なゲーム/AV機能は従来モデルと共通で、ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK 3)や電源ケーブル、AVケーブル、USBケーブルなどが付属する。

 PS3専用ソフトウェアタイトルは、CECH-4300Cと同日に発売予定の「ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド」や、9月以降に「NARUTO−ナルト− 疾風伝 ナルティメットストームレボリューション」や「KINGDOM HEARTS -HD 2.5 ReMIX-」などを発売予定。ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジアは、新価格になったPS3本体と、PS3ならではの魅力的なソフトラインナップで、「発売8年目となるPS3プラットフォームの更なる普及と拡大を推進する」としている。

(臼田勤哉)