ニュース

デル、27型で69,980円、24型で54,980円の4K IPSモニタ。HDCP 2.2対応

 デルは、4Kディスプレイの新モデルとして、24型の「P2415Q」と27型の「P2715Q」を12月12日から発売する。価格はいずれもオープンプライス。直販価格は、24型「P2415Q」が54,980円、27型「P2715Q」が69,980円。27日から先行予約販売を実施する。

24型の4Kディスプレイ「P2415Q」

 どちらも3,840×2,160ドットの液晶パネルを採用。60Hz表示が可能。IPSパネルのノングレアで、視野角は上下左右178度。「HDCP 2.2にも対応している」(エンドユーザーコンピューティング事業統括本部 クライアント製品マーケティング本部の河田浩行ブランドマネージャー)という。

27型の4Kディスプレイ「P2715Q」

 輝度は24型が50〜300cd/m2、27型が50〜350cd/m2で調整可能。応答速度は24型が通常モードで8ms、高速モードで6ms、27型は通常が9ms、高速が6ms。

 入力はミニDisplayPort、DisplayPort、HDMI(MHL対応)を各1系統装備。HDMI接続時は4K/30p伝送となり、DisplayPort接続では4K/60pまでの伝送が可能。DisplayPort出力も備え、デイジーチェーン接続も可能。アナログ音声出力も備えている。USBポート×3も用意し、キーボードやマウスなどの接続に利用できる。

24型の背面
24型の接続端子部
27型の背面

 色域はsRGB 99%をカバー。工場出荷時にカラー調整も行なわれており、色補正完了証明書も同梱する。集中管理ツール「Dell Display Manager」を使い、アプリに合わせた表示設定を自動で行なったり、画面輝度自動調整機能やスリープモードも利用できる。バックライトはLED。

 消費電力は、24型が通常時で45W、スタンバイ時で0.5W以下。27型は通常が50W、スタンバイが0.5W以下。

 スタンドは前5度、後方21度のチルトと、スイーベル、115mmの高さ調整が可能。外形寸法と重量(スタンドとケーブル含む)は、24型が566.64×205×369.83〜499.53mm(幅×奥行き×高さ)、5.68kg。27型が640.74×203.86×423.86〜538.86mm(同)、7.53kg。

展示会を秋葉原駅で実施

 同時発表された5Kディスプレイ、曲面ディスプレイを含めた、新製品が体験できる一般向けの展示会も開催される。12月14日(12〜19時)、12月15日(12時〜20時)の2日間で、場所はJR秋葉原駅の電気街口改札内イベントスペース。

 ディスプレイだけでなく、Dellのワークステーションや、Adobe製品コンテンツも展示。画像・動画編集、ゲーミング、設計、開発、デジタルデザインなどの利用イメージが体験できる。先着2,000人には特別ギフトのプレゼントも用意する。

(山崎健太郎)