ニュース

ソニー、4K/30p/60MbpsまでのXAVC S動画対応SDカード

UHS I+Class 10対応。microSD版も

 ソニーは、4K/60MbpsまでのXAVC S動画記録に対応したSD/microSDメモリーカード「SF-UY2/SR-UY2Aシリーズ」を7月15日より順次発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2,500円〜56,000円前後。microSDの128GB版「SR-128UY2A」のみ8月26日発売となる。

SF-UY2シリーズ
SDカード
型番 容量 フォーマット 店頭予想価格
SF-256UY2 256GB SDXC 56,000円
SF-128UY2 128GB 28,000円
SF-64UY2 64GB 14,000円
SF-32UY2 32GB SDHC 7,500円
SF-16UY2 16GB 4,000円
SF-8UY2 8GB 2,500円
microSDカード
型番 容量 フォーマット 店頭予想価格
SR-128UY2A 128GB SDXC 30,500円
SR-64UY2A 64GB 15,500円
SR-32UY2A 32GB SDHC 8,000円
SR-16UY2A 16GB 4,000円
SR-8UY2A 8GB 2,500円

 UHSスピードクラス1、SDスピードクラス10に対応したSD/microSDメモリーカードで、最大読み出し速度は70MB/Sec。64GB以上のSDXD対応カードでは、4K/30pのXAVC S 60Mbpsまでの動画記録が行なえる。ただし、4K/30pのXAVC S 100Mbps動画記録には対応しない。

SR-UY2Aシリーズ

 ソニーのビデオカメラ「HDR-AXP35」やアクションカム「FDR X1000」では、4K/30pのXAVC Sで100Mbps/60Mbpsの2モードが用意されている。60Mbpsまでは、今回発売の「SF-UY2/SR-UY2Aシリーズ」で対応。100Mbpsの場合、上位シリーズの「SD-UZ/SR-UXAシリーズ」で対応する。なお、最大60Mbpsまで保証のため、フルHD XAVC S最高ビットレートである50Mbpsにも対応している。

SR-UY2Aシリーズのパッケージ

 SDメモリーカードにおいては、速度性能を表す「SDスピードクラス」と、新規格のUHSインターフェイスにおける「UHSスピードクラス」が用意されている。SF-UY2/SR-UY2Aシリーズは、リード/ライトデータ転送速度最低10MB/Secを保証するClass 10に対応し、さらにUHSインターフェイス機器でもリードライト最低転送速度10MB/Secを維持するUHS Speed Class1に準拠している。

 XAVC S記録に対応するのは64GB以上のカードとなる。これは、ファイルフォーマットが、SDXCではeXFATに、SDHCではFAT32となるため。購入者はフォトアルバムソフト「x-Pict Story」やユーティリティの「メモリーカードファイルレスキュー」をダウンロードできる。microSDのSR-UY2AシリーズにはSDカードアダプタも同梱される。

(臼田勤哉)