ニュース

「カードキャプターさくら」が、全70話収録で38,000円の低価格Blu-ray BOXに

2012年に発売された「カードキャプターさくら Blu-ray BOX1」のジャケット。12月の低価格BOXとは異なります
(C)CLAMP・講談社/NHK・総合ビジョン

 NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンは、テレビアニメ「カードキャプターさくら」のクロウカード編、さくらカード編の全70話をまとめた、11枚組の低価格なBlu-ray BOXを12月18日に発売する。価格は38,000円。

 「カードキャプターさくら」のBD-BOXは、2009年に「クロウカード編」が78,000円で、「さくらカード編」が47,000円で発売。その後、2012年にクロウカード編を2つのBOXに分割、さくらカード編も含めて、3つのBOXを各22,000円で発売している。

 3つのBOXを全て購入すると66,000円となるが、12月に発売する全話をまとめたBOXは38,000円と、28,000円低価格になっている。

 初回特典として、全シリーズを収納できる特製スリーブが付属する。

タイトル 仕様 音声 品番 価格
カードキャプターさくら
Blu-ray BOX
片面2層×11枚
1,750分
(1)リニアPCM 5.1ch
(2)リニアPCMステレオ
GNXA-1149 38,000円

カードキャプターさくらとは

 CLAMPによる少女漫画を原作としたテレビアニメ。NHK衛星第2で'98年から第1期シリーズが放送された。テレビシリーズの人気を受け、劇場版も制作されている。

 主人公・木之本桜は、元気が取り柄の小学4年生。3歳の頃に母を亡くしているが、無愛想でも優しい兄、穏やかな性格の父に見守られ、幸せな日々を送っている。ある日、地下書庫で謎の本を見つけた桜が、書かれた文字を読み上げると、中に入ったカードがバラバラに飛び散ってしまった。最後に本から出てきたのは、ライオンのぬいぐるみのような姿をしたケルベロスという奇妙な生き物。

 ケロちゃん(ケルベロス)によれば、“クロウカードの封印が解かれると、この世に災いが起こる”という。“封印の鍵”を託された桜は、カードを収集する“カードキャプターさくら”として、魔法を駆使しながら様々な災いと対峙していく……。

Amazonで購入
カードキャプターさくら
Blu-ray BOX

(山崎健太郎)