ニュース

Amazon、4K対応のTVプレーヤー「Fire TV」。12,980円

プライム会員は9,980円。Netflix 4KやHuluも視聴可能

 Amazon.co.jpは24日、映像配信サービス「プライムビデオ」の開始に合わせて、テレビ用の映像視聴デバイス「Fire TV」の日本展開を発表した。9月24日現在予約を受け付けており、価格は12,980円(税込)だが、プライムメンバーには9月26日まで3,000円引きのクーポンコードを提供し、9,980円(税込)で販売する。発売予定日は10月28日。

Fire TV
Fire TVを日本発売

 また、スティック型端末「Fire TV Stick」も10月28日発売、4,980円(税込)で予約受付がスタートしている。こちらもプライム会員には9月26日まで、3,000円引きの1,980円(税込)で販売する。「Fire TV Stick」については別記事で紹介する。

Fire TV本体
背面
テレビ用の映像視聴デバイス「Fire TV」
スティック型端末「Fire TV Stick」

 「Fire TV」はHDMIでテレビやディスプレイと接続し、プライムビデオやAmazonビデオのほか、ゲームやアプリも楽しめるメディアプレーヤー。プライムビデオやNetflixの4K配信も受信し、対応テレビに4K出力できる。

Fire TVでプライムビデオを視聴
プライムビデオの4K/UHD作品

 MediaTekの2GHz、クアッドコアプロセッサを搭載。GPUにはPower VR GX6250を採用。同日に発表されたスティック型「Fire TV Stick」よりも、よりハイパフォーマンスが要求されるゲームもプレイできるという。電源はACアダプタで、外形寸法は115×115×17.8mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は270g。

 2GBのメモリと、8GBのストレージメモリも搭載。128GBまでのカードが利用できるmicroSDスロットも装備。無線LANはIEEE 802.11a/b/g/n/ac(MIMO)に対応、高速なレスポンスを実現したという。

2GB RAMやmicroSDカードも

 出力はHDMI×1系統で、4K/UHDコンテンツに対応。4K HEVCで配信されるプライムビデオ/Amazonビデオの映像をFire TVからテレビに出力できる。再生ボタンを押せば、待ち時間なくすぐに再生開始する「ASAP」(Advanced Streaming and Prediction)により、視聴コンテンツを予測し、見たい時にすぐに視聴できるようにあらかじめ再生準備を行なう。

 また、YouTubeや、Netflix、GYAO!、Hulu、niconicoなどのサービスも視聴可能。プライムビデオだけでなく、Netflixの4Kコンテンツも再生できる。

Netflix 4Kのほか、niconicoなどの国内サービスにも対応
音声操作対応のリモコン

 リモコンを使った音声検索機能を備えており、ドラマや映画のタイトル、俳優名やジャンル名でコンテンツの検索が可能。ダースベイダーといったキャラクタ名でも検索できる。マイクを備えた付属リモコンのほか、Fire TVリモコンアプリをインストールしたAndroid/iOSスマフォからの音声検索も可能。ユーザーの視聴履歴をベースに、コンテンツをオススメするレコメンド機能も用意。

音声入力で孤独のグルメを検索
結果

 HDMI音声出力はドルビーデジタルプラスに対応し、5.1chコンテンツも再生可能。最大7.1chのHDMIパススルーもできる。

 Amazonミュージック・ライブラリに同期し、購入済みの音楽再生も可能。Amazon Cloud Driveにアップロードした写真を、Fire TV Stickを使ってテレビで見る事もできる。

スマホからアップロードした写真をFire TVでテレビに出力
Amazon Fire TVゲームコントローラ

 Bluetooth 4.1にも対応。プロファイルはHID、HFP、SPPに対応。Bluetoothヘッドフォンで音楽を楽しんだり、Bluetoothのゲームパッドを利用する事もできる。

 専用の「Amazon Fire TVゲームコントローラ」も予約開始し、10月28日から出荷。価格は5.980円(税込)。ドルビー対応のヘッドフォンジャックを備え、周囲を気にせずにゲームプレイを楽しめるという。電源は単3乾電池×2本で、最大90時間の再生が可能。

Amazonで購入
Amazon Fire TV Fire TV Stick Fire TV Stick
音声認識リモコン付属

(臼田勤哉)