ニュース

ピクセラ、業界初SeeQVault対応のUSB 3波TVチューナ。新Apple TV用ソフト開発中

 ピクセラは、業界で初めてSeeQVaultに対応した、USB接続のWindows向け3波テレビチューナ「PIX-DT295」を12月24日に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は17,800円前後(税込)。

USB接続のWindows向け3波テレビチューナ「PIX-DT295」

 また、同社のワイヤレステレビチューナ機器と無線連携し、録画番組などを再生できるソフトの新バリエーションとして、新Apple TV向けのアプリを開発中である事も発表された。'16年1月末に公開予定。

Windows向け3波テレビチューナ「PIX-DT295」

 USB 2.0接続するテレビチューナ。対応OSはWindows 7/8/8.1/10。地上/BS/110度CSデジタル放送の受信に対応する。ハードウェアトランスコーダ(ソシオネクスト製)を搭載し、ハイビジョン画質のまま、最長15倍の長時間録画が可能。

PCの隣に設置したところ
USB接続端子とアンテナ端子を備えている
底部にB-CASカードスロット

 再生・制御ソフトは「StationTV X」。追いかけ再生やダイジェスト再生、スキップ再生も可能。2台を接続して、最大2番組の同時録画も可能。同社のPCI接続テレビキャプチャカードも組み合わせ、3番組同時録画をする事もできる。

Windows用再生・制御ソフトは「StationTV X」
「StationTV X」で番組表を表示したところ
番組の表示イメージ
スマホ向けアプリでの表示イメージ

 業界で初めて、SeeQVaultの書き出し機能をサポート。SeeQVault対応のカードリーダとSDカードを使い、録画した番組をSDカードに書き出し。そのカードを、対応するスマートフォンに挿入する事で、スマホで録画番組を再生できる。通信を使わずに再生でき、高画質で視聴できるのが特徴。

SeeQVault対応カードリーダでSDに書き出し、スマホやタブレットのアプリから再生できる

 PIX-DT295を接続したPCと同じLANにアクセスすれば、スマートフォンやタブレットのアプリから番組を視聴する事もできる。iOS/Android/Kindle Fire/Windows向けの視聴アプリを用意するほか、Mac向けアプリも用意しているが、これは有料となる。

 外形寸法は約78×132×18mm(幅×奥行き×高さ)で、重量は110g。底部にB-CASカードスロットを備えている。USBバスパワーで動作し、消費電力は2.5W。入力アンテナはF型コネクタ1系統で、BS/CSアンテナへの電源供給には対応していない。

 発売記念キャンペーンも実施。12月24日〜2016年2月29日18時までの期間中に、PIX-DT295を購入し、申込フォームからアンケートと本体の製造番号を入力すると、SeeQVault対応のmicroSDカード 32GBが5人に、DVD再生対応ワイヤレステレビチューナが1人、ゴルフスイング改善ツール「PIX-GS100」が1人、Amazonギフト券1,500円分が50人に抽選で当たる。

新Apple TV向けのアプリも開発中

 第4世代Apple TVで、ピクセラのワイヤレスチューナで録画した番組や、受信している番組を視聴できるようにするアプリが開発されており、1月末に公開予定。

 対応するピクセラ製チューナは、PIX-BR320/PIX-BR321/PIX-BR310L/PIX-BR310W/PIX-BR310L-DV/PIX-DT195/PIX-DT460/PIX-DT295の各モデル。

(山崎健太郎)