ニュース

JBL、クルマに取り付けられるBluetoothスピーカー「JBL TRIP」。音声操作も

 ハーマンインターナショナルは、クルマに取り付けられるJBLブランドのBluetoothスピーカー「JBL TRIP」を1月16日より発売する。価格はオープンプライスで、直販価格は13,880円。

JBL TRIP

 本体背面にアタッチメントを取り付け、サンバイザーに挟むだけでクルマに設置できるBluetoothスピーカー。走行による振動で外れにくいマグネット&フック構造により、頭上にも安全に取り付けられるという。また、マイナス10度から60度までの動作試験をクリアし、過酷な車内利用にも耐えられるとする。ただし、長時間クルマから離れる場合は、サンバイザーから外して車外に持ち出すよう推奨している。

サンバイザー部に装着

 ハンズフリー通話のほか、音声操作にも対応。Siri(iOS)やGoogle Now(Android)を使って、音声操作や検索、ナビゲーションがBluetooth経由で行なえる。ハンズフリー通話時のノイズキャンセル機能も備えている。

 ユニットは40mm×1で、出力は3.2W。DSP技術により高品質なJBLサウンドを実現するほか、クルマ特有の反響効果を活かして音質と音の広がりの双方を楽しめるという。周波数特性は160Hz〜20kHz。本体のタッチセンサーボタンを使った操作にも対応する。

 Bluetooth Ver.3.0に準拠し、プロファイルはA2DP V1.3、AVRCP V1.5、HFP V1.6、HSP V1.2。周波数特性は160Hz〜20kHz。1,200mAhのリチウムイオン充電池を搭載し、最大8時間のワイヤレス再生が可能。ハンズフリー通話は最大20時間、待機時間は約800時間。

アタッチメントでクルマに取り付け
キャリングポーチも別売

 外形寸法は134×34×64mm(幅×奥行き×高さ)、重量は230g。専用クリップホルダーやUSBケーブルが付属する。また、専用キャリングポーチも2月に発売予定としている。

(臼田勤哉)