ニュース

Microsoft「HoloLens」、開発者向けに3,000ドルで販売。視界にホログラムを重ねて表示

 米Microsoftは、VR技術を使ったヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」の開発者向けモデル「HoloLens Development Edition」の予約受付を開始した。米国とカナダ向けに販売しており、初回出荷は3月30日を予定。価格は3,000ドル。

HoloLens

 HoloLensで動作するアプリの開発者などに向けて提供するもの。なお、アプリの開発にはWindows 10のPCと、Visual Studio 2015、Unity 5.4が必要。ハードやアプリは英語版のみ。予約にはWindows Insider Programへの参加などが必要。

 半透過型のディスプレイを備え、そこにUIやコンテンツなどを表示。現実の風景に重ねて表示できる。外部ユニットなどとケーブルで接続する必要はなく、HoloLens単体で動作。Windows 10が対応するホログラフィック・コンピューティングのプラットフォームで活用できるデバイスで、Windows 10ではこうしたデバイスに向けたAPIもサポートしている。

利用イメージ。現実の風景に重ねてUIやコンテンツなどを表示できる

 低いレイテンシでフルカラーのホログラムを生成できる光学投影システムを採用。ホログラムの表示解像度は230万画素。瞳孔間の距離を自動で調整する機能なども備えている。

 装着者の動きを検出するために、慣性センサーや環境計測用のカメラ、深度カメラ、200万画素の静止画やHD動画を撮影できるカメラ、マイク、環境光センサーなどを装備。

 動きだけでなく、音声や視線の軌跡、ジェスチャーなどを検知して入力情報として扱い、ホログラムを作ったり、立体的な音響を再生するといった事も可能。

 Intel製で32bitアーキテクチャ採用の、カスタムビルドMicrosoft Holographic Processing Unit(HPU 1.0)を内蔵。メモリは2GB、64GBのストレージメモリも備えている。スピーカーを内蔵しているほか、ステレオミニの音声出力、音量調整ボタン、明るさ調整ボタンなどを装備。IEEE 802.11acの無線LANや、USB端子なども装備している。

 連携するPCのOSはWindows 10に対応。Windowsストアにも対応。バッテリの持続時間は2〜3時間。待機時間は最大2週間。重量は579g。

 アクセサリとして、スクロールや選択が可能な、リモコンのような「クリッカー」が付属する。

中央がリモコンのような「クリッカー」

(山崎健太郎)