ニュース

フジ、Amazonプライムビデオでノイタミナ新作「甲鉄城のカバネリ」独占配信。海外も

甲鉄城のカバネリ
(c)カバネリ製作委員会

 フジテレビジョンは、AmazonのAmazonプライム会員向け見放題・映像配信サービス「プライム・ビデオ」で、4月からフジテレビのアニメ枠「ノイタミナ」で放送する新作を独占かつ包括的に提供することを決定した。4月7日より放送開始する「甲鉄城のカバネリ」を皮切りに、日本だけでなく海外のAmazonプライム会員向けにも配信する。

 「甲鉄城のカバネリ」は、アニメ「進撃の巨人」を手がけた荒木哲郎監督とWIT STUDIOによる新作オリジナルアニメーション。蒸気機関が発達した島国「日ノ本(ひのもと)」を舞台に、鋼鉄の皮膜に覆われた心臓を持つ生ける屍=「カバネ」と人との生き残りを懸けた戦いが描かれる。蒸気機関車「甲鉄城」に乗り込み、少年少女らが「カバネ」に立ち向かう、スチームパンク・サバイヴ・アクション。放送日時は、毎週木曜24時55分〜(初回放送は24時25分〜)。

 Amazonプライムビデオでは、放送終了直後の木曜日27時から日本・海外独占配信開始。さらに、「甲鉄城のカバネリ」を含む、各作品の第1話に限り、放送に先駆けて放送前日の水曜日24時から日本・海外に配信される。Amazonを通じて、包括的にコンテンツを海外独占配信する試みは、日本の放送局として初という。

 フジテレビのノイタミナは、2005年4月木曜深夜24時のアニメ枠。「ハチミツとクローバー」、「のだめカンタービレ」、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」、「PSYCHO-PASS サイコパス」などのヒット作品を生み出している。

 フジテレビでは、ノイタミナのコンテンツを放送とほぼ同時にプライムビデオで海外配信することで、海外のファン獲得とともに、マーチャンダイジング事業の多角的な展開も狙う。「フジテレビアニメのブランディングを高める重要な機会」とし、海外市場展開を視野に入れた長編劇場アニメや、シリーズ作品の制作にも積極的に取り組み、アニメ事業を大きく成長させていくという。

 プライムビデオは、Amazonプライムの年会費(税込3,900円)を支払い、プライム会員になると、日本やアメリカの映画やテレビ番組、人気アニメ、ミュージック・ライブ、バラエティ番組、Amazonオリジナル作品などが見放題となる映像配信サービス。

(臼田勤哉)