◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

エプソン、大型有機ELテレビ用の均一成膜技術を確立

−インクジェットで塗付ムラ解消。37型以上を実現へ


5月26日発表


 セイコーエプソン株式会社は26日、大型有機ELテレビの実現に向けたインクジェット方式による有機材料の均一成膜技術を確立したと発表した。従来、課題となっていた塗付ムラを解消でき、37型フルHD以上の大型有機ELテレビの実現に向けて大きく前進したという。

 有機ELテレビは、薄型/軽量、低消費電力で、高コントラスト、広視野角、高速応答性などの特徴から、次世代ディスプレイとして有力視されている。しかし、大型基板に有機材料を均一に成膜する技術が確立されておらず、大型有機ELテレビの量産には至っていない。均一成膜化という課題を解決し、量産を実現するためには、現在主流のマスク蒸着方式では技術特性上の課題が多い。そのため、エプソンではインク状の有機材料を塗布するインクジェット方式が最適と考え、技術の確立に取り組んできた。

 今回、独自のインクジェット技術「マイクロピエゾテクノロジー」と高分子材料を採用。基板に塗布するインク材料の最適量を、異なるインクサイズを精密に打ち分けてコントロールすることで、重量誤差1%未満という高いレベルで均一に成膜することが可能になったという。そのため、ムラの無い大画面表示を試作パネルで実現できたとする。

 同技術では材料利用効率の向上や工程数の削減も図れるため、品質だけでなく、生産性も大幅に向上し、「大型有機ELテレビの実現に大きく近付いた」という。

 エプソンでは、6月2日より米国で開催されるディスプレイ関連の国際学会「SID2009」で論文発表。会場では37型フルHDの解像度相当(60ppi)の14型有機ELディスプレイを展示する。


2009526日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.