◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソフトバンク、「iPhone 3G S」価格発表。16GBは月額480円

−キャンペーン価格は2年縛りで16GB 11,520円/32GB 23,040円


iPhone 3G S

6月26日午前8時発売

 ソフトバンクモバイル株式会社は9日、6月26日午前8時に発売するアップル製の携帯電話端末「iPhone 3G S」の本体価格(実質負担額)を発表した。従来の「iPhone 3G」向けに実施していた「iPhone for everybodyキャンペーン」の適用が可能で、新規購入/新スーパーボーナス(24回払い)で購入する場合の端末購入負担額は、16GBモデルが480円/月(実質負担額11,520円)、32GBが960円/月(同23,040円)。

 

キャンペーン適用価格
(実質負担額)

キャンペーン非適用価格
(実質負担額)
iPhone 3G S 16GB 480円/月(11,520円) 960円/月(23,040円)
iPhone 3G S 32GB 960円/月(23,040円) 1,440円/月(34,560円)

 従来のiPhone 3Gの場合、キャンペーン価格は8GBモデルで実質0円、16GBで実質480円(24カ月で11,520円)で、iPhone 3G 16GBと、iPhone 3G S 16GBの価格は同じ。iPhone 3G S 32GBはその倍額となっている。iPhone 3G 8GBモデルの実質価格は今後も0円で変更は無い。

 アップルが発表している新しいiPhoneのラインナップはiPhone 3G 8GBとiPhone 3G S 16GB/32GBのみで、iPhone 3Gの16GBモデルは、iPhone 3G Sに順次切り替わる見込み。

 月々の分割金と通信料から割り引く「月月割」の差額は、キャンペーンの適用の場合、16GBで分割金2,400円、月月割が1,920円。32GBで分割金2,880円、月月割が1,920円となる。また、iPhone for everybodyキャンペーンの適用には、ホワイトプラン(i)で2年単位の契約が必要。

 また、現行のiPhone 3Gを「iPhone for everybody キャンペーン」で購入したユーザーは、iPhone 3G Sにキャンペーン適用で機種変更(買い増し)した場合、違約金などは発生せず、当初(3G)の「2年契約(キャンペーン)」の契約期間が3G S使用後もそのまま継続される。その場合、本体の分割支払いが残っている場合は、 3G Sの本体分割支払いと共に支払っていく形となる。

 なお、iPhone 3G SとiPhone OS 3.0では、iPhoneをパソコンのモデムとして利用するテザリング機能をサポートしているのが特徴だが、ソフトバンクモバイルではテザリング機能に対応しないとしている。


(2009年 6月 9日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]

?

00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.