◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

LG、エッジライトLED採用の24型フルHD液晶ディスプレイ

−LEDを84個内蔵し、最薄部20.5mm。実売3万円


6月下旬〜7月初旬発売

標準価格:オープンプライス


 LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社は、エッジライト方式のホワイトLEDを光源に採用した24型液晶ディスプレイ「W2486L」を6月下旬から7月初旬にかけて発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は3万円台前半の見込み。

LEDの採用により最薄部は20.5mm

 24型/1,920×1,080ドットのフルHDパネルを採用した液晶ディスプレイ。特徴は光源にエッジライト方式のホワイトLEDを採用したこと。通常のディスプレイでは液晶パネル直下にCCFL管を配置するが、W2486Lではベゼル下部にLEDを84個直列に配置。LEDの光を、導光板や集光シート、光学シート、反射シートを用いてパネル全体に均一に光を届けることにより輝度ムラや色むらを押さえた映像再現を可能とするという。

 コントラストは1,000:1で、LEDによる細かな調光制御と映像エンジン「F-ENGINE」のDFC(デジタルファインコントラスト)の利用により、ダイナミックコントラストで200万:1を実現する。輝度は250cd/m2、視野角は上下160度/左右170度。応答速度は2ms(GtG)。

 F-ENGINEは、映像ソースにあわせて、バックライトやコントラスト、色調をコントロール。映画用のシネマモードのほか、HDMI入力時にはゲームモード、スポーツモードも選択できる。

 エッジライトLEDの採用により、各種基板の削減や簡素化を図ったほか、外部電源の採用と相まって最薄部20.5mmのスリムな筺体を実現。トライアングルカーブと呼ぶスタンド脚部など、光沢を生かしたルビーレッドをアクセントとしたユニークなデザインを採用している。

 また、前面のFUNボタンを押して、OSDを呼び出すことで、ズーム機能の「EZ ZOOMING」やアスペクト比固定の拡大モード、セピア/ぼかしなどのエフェクトを適用できる「Photo Effect」などの機能を呼び出せる。

 入力端子はHDMI×2(Ver.1.1)、DVI-D(HDCP対応)×1、アナログRGB(D-Sub 15ピン)を各1系統装備。LEDの採用により消費電力も約40%削減の28W(標準時)/1W(待機時)としている。外形寸法は577.4×198.4×440.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は4.7kg。

ユニークなデザインを採用 2系統のHDMI入力などを装備する

(2009年 6月 11日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.