◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

「Halo」が荒牧伸志と押井守によりアニメ化決定

−米MS発表。ボンズ、Production I.G.など参加


Halo Legends

7月23日発表(現地時間)


 米Microsoftは23日(現地時間)、Xbox/Xbox 360用ゲームなどで展開する「Halo」(ヘイロー)シリーズを、オリジナルショートアニメ化する「Halo Legends」(ヘイロー レジェンズ)プロジェクトを発表。荒牧伸志氏と押井守氏がクリエイティブディレクターを務めることを明らかにした。エピソードの一部は、同社のオンラインエンタテインメントサービス「Xbox LIVE」で初プレビューを行なう予定。新たな情報発信サイト「Halo Waypoint」を通じ、今秋より開始するという。

 アニメ化にあたり、「アップルシード/APPLESEED」や続編「エクスマキナ APPLESEED SAGA」などの監督を務めた荒牧伸志氏と、「攻殻機動隊」、「イノセンス」監督の押井守氏が参加。また、プロジェクトには制作会社のボンズやカシオエンターテイメント、Production I.G.、STUDIO4℃、東映アニメーションが参加している。プロデューサーはJ-Spec Picturesのジョセフ チョウ(Joseph Chou)氏。

 米国発表では「Halo Legends」の作品集は、Warner Home Videoが販売元となることを明らかにしている。日本国内でも発売を予定しているが、詳細は後日発表するという。

 「Halo Waypoint」では、世界中のHaloファンが集まり、最新情報や、ポッドキャスト、予告映像、スクリーンショットなどのコンテンツや、ドキュメンタリーなどの独占映像が視聴可能。エピソードに加え、メイキング映像も公開される。

 Haloシリーズは、2001年にXbox用ゲームとして発売され、Xbox/Xbox 360用ゲームとして、全世界で累計2,700万本の売上を記録。小説やコミック、フィギュア、アパレルなど幅広いジャンルで展開している。

 荒牧氏は制作にあたり、「Haloとそのキャラクターは、アニメの世界に自然に溶け込みます。Halo のファンとしては、マイクロソフトや他の制作会社の優秀な仲間達と力を合わせ、この作品集を制作できることを光栄に思います」とコメントしている。



(2009年 7月 24日)

[ AV Watch編集部 中林暁]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.