◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ヒビノ、Shureのヘッドフォン「SRH840」など3製品

−プロミュージシャンと共同開発。実売7,000円〜2万円


SRH840

11月20日発売

標準価格:オープンプライス


 ヒビノインターサウンド株式会社は、米Shureのヘッドフォン3製品を11月20日より発売する。「SRH840」、「SRH440」、「SRH240」の3モデルをラインナップし、価格はいずれもオープンプライス。店頭予想価格はSRH840が2万円前後、SRH440が12,000円前後、SRH240が7,000円前後の見込み。

SRH440 SRH240

 いずれも密閉型のヘッドフォンで、プロ・ミュージシャンと共同でプロフェッショナルモニターとして開発。プロ向けのほか、一般向けにも販売する。Shureブランドでの民生向けヘッドフォン展開は、今回が初という。

 いずれも40mm径のドライバを搭載。最上位モデルでの「SRH840」は、細部のパーツまでこだわり徹底的なチューニングにより、「深みのある低域と伸びのある高域を出力する」という。また、大型のイヤーパッドの採用により、装着感と遮音性の向上を図っている。イヤーパッドは交換可能。

左からSRH840、440、240
 感度は102dB/mW、再生周波数帯域は5Hz〜25kHz。最大入力は1,000mW、インピーダンスは44Ω。ケーブル部は着脱可能の、長さ3mのカールコード。ケーブルと本体の接続部分はロック式のBayonet Clipを採用している。プラグは金メッキ処理を施したステレオミニで、ステレオ標準プラグアダプタも付属する。重量は318g。

 「SRH440」は、“全帯域で正確なモニタリングを約束する”という中位モデル。再生周波数帯域は10Hz〜22kHz、ケーブルは着脱可能で、長さ3mのカールコード。重量は約272g。

 「SRH240」は、DTMや携帯音楽プレーヤー向けのエントリーモデル。再生周波数帯域は20Hz〜20kHz、ケーブルは直出しで、長さは2m。重量は約181g。


SRH840はケーブルの着脱が可能。コンパクトに折りたたむこともできる
SRH440もケーブルの着脱が可能。折りたたむこともできる SRH240は両出しケーブル。着脱はできない

 

  SRH840 SRH440 SRH240
型式 密閉ダイナミック型
ドライバー口径 40mm
感度(1kHz) 102dB/mW 105dB/mW
再生周波数帯域 5Hz〜25kHz 10Hz〜22kHz 20Hz〜20kHz
最大許容入力
(1kHz)
1,000mW 500mW
インピーダンス
(1kHz)
44Ω 38Ω
入力コネクター 3.5oステレオ・ミニプラグ、金メッキ
ケーブル 片出し3mカールコード
(脱着式、OFC)
両出し2mストレート
(脱着不可、OFC)
質量
(ケーブル除く)
約318g 約272g 約181g
付属品 標準プラグアダプター
(金メッキ)
キャリングバッグ
3mカールコード
交換用イヤーパッド(1組)
標準プラグアダプター
(金メッキ)
キャリングバッグ
3mカールコード
標準プラグアダプター
(ニッケル・メッキ)

(2009年 10月 20日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.