◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

【CES】三洋、フルHD対応で薄くなった新Xactiを発表

−縦型が299ドル。タッチ操作のボイスレコーダも


VPC-CS1

会期:1月7日〜1月10日(現地時間)

会場:Las Vegas Convention Center
   Las Vegas Hilton
   The Venetian


 米Sanyoは、International CES開幕前の6日に行なったプレスカンファレンスにおいて、動画と静止画の“デュアルカメラ”「Xacti」シリーズの新製品2モデルを発表。いずれもフルHD動画記録対応で、縦型のスリム/軽量モデル「VPC-CS1」と、横型で30倍アドバンストズーム搭載の「VPC-SH1」を米国で2月に発売する。

縦型の「VPC-CS1」

 価格は、縦型が299.99ドル、横型が399.99ドルの見込み。カラーは縦型がシルバー、横型がブラックとレッドを用意する。なお、日本国内での発売時期は明らかにされていないが、米国以外にも「日本や欧州を含め世界で販売する」としている。

 両モデルとも、最大でフルHDの1,920×1,080ドット/60i撮影に対応。CMOSセンサーのサイズは異なり、スリムな縦型モデルは有効画素が約300万画素、横型モデルは約400万画素となっている。また、レンズのサイズも異なり、横型モデルのほうがレンズ径が大きい。こうしたことから、縦型は女性もターゲットとしたモデル、横型はより高画質なモデルと位置付けられている。

 縦型は、新開発のスリムレンズと薄型センサーモジュールで、世界最小/最軽量というサイズを実現。最薄部は約26.9mmで、重量は142gとなる。また、横型モデルも従来製品からコンパクト化され、最薄部が約4.29mm、重量が約204gとした。

CMOSセンサーとレンズを小型化 操作系は、撮影ボタンなど主要なものは本体手前に、メニューボタンや十字キーなどは液晶側に配置している 米国では発売されない予定のレッドモデルも会場に展示された

横型の「VPC-SH1」

 動画の記録フォーマットはMPEG-4 AVC/H.264。静止画はJPEGで記録する。記録メディアはSD/SDHCに加え、新規格のSDXCカードにも対応。また、無線LAN搭載SDカードの「Eye-Fi」との連動機能も搭載している。

 いずれも、画素を有効利用して画像の劣化が無くズームできる「Advanced Zoom」を搭載。同機能利用時は縦型が10倍、横型が30倍まで対応する。手ブレ補正は電子式。顔検出/追尾機能も利用できる。


横型モデルのカラーはブラックとレッドを用意する 従来の横型モデルに比べ小型化しながら、30倍ズームを搭載している HDMI端子やUSB/AV端子を備える

 音声記録では、新機能として「Sound Zoom」を搭載。左右のチャンネルセパレーションの高い「Wide Mode」と、正面の音を強調する「Gun Microphone Mode」、映像のズーム情報に合わせて指向性や収音方法を自動で変更する「Zoom Combination Mode」の3種類から選べる。

 そのほか、アップルの新ビデオフォーマット「iFrame」に対応した動画記録モードを用意。このモードを利用することで、Macの動画ソフト「iMovie」での編集が快適に行なえるという。また、Windows 7の「デバイスステージ」にも対応している。いずれも本体にHDMI(ミニ)端子やUSB/AV兼用端子を装備。底面には三脚穴も備える。

Advanced Zoom機能を搭載 Sound Zoomは3種類用意されている iFrame向けの撮影モードも採用した


■ タッチ操作のリニアPCMレコーダも

「ICR-XPS01M」 クレードル付きの「ICR-XPS01MF」

 同じくXactiブランドの製品として、リニアPCMレコーダ2モデルも発表。米国で3月に発売する。いずれも2GBのmicroSDカードに記録するタイプで、2GBのカードが付属。価格は、スピーカー搭載クレードルが付属する「ICR-XPS01MF」が199.99ドル、クレードル無しの「ICR-XPS01M」が149.99ドルの見込み。

 音声記録は16bit/44.1kHzのリニアPCMまたは最大320kbpsのMP3に対応。本体のステレオマイクを利用して録音できるほか、外部マイク端子も備える。MP3/WMAの音楽再生も可能。

 特徴は、前面にタッチパネルを備え、薄型でフラットな筐体を実現したこと。音楽プレーヤー、語学学習、楽器演奏などの幅広い用途に対応しながら、これまでのPCMレコーダよりも気軽に持ち運べて使いやすい薄型デザインとしたことで「録音スタイルを変える」としている。

 「ICR-XPS01MF」に付属するクレードルは、スピーカー、チャージャー、音声入力アダプタとして利用可能。ACアダプタを接続しない状態で、パッシブスピーカーとして使うこともできる。

主な仕様 薄型ながらリニアPCM録音対応で、高音質をアピール 様々な用途に使用でき、「One for all」を実現するという


■ ポケットビデオカメラ市場の成長に強い期待


SANYO North Americaの村田正美社長

 登壇したSANYO North Americaの村田正美社長は冒頭で、パナソニックとの事業統合について説明。「企業価値を高め、販売チャネルの拡大やリソースの共有などでシナジーを生む」とした。一方で、「SANYO」のブランドは今後も使い続けることを改めて強調した。

 ビデオカメラの市場について同社は、従来のビデオカメラと、小型の「ポケットカムコーダー」に分けて説明し、よりカジュアルなポケット型が急速に伸びていると指摘。ビデオカメラ全体の市場は2009年に落ち込んだが、ポケットタイプが今後も伸びると予測している。

 Xactiのワールドワイドの売り上げは、2009年に前年の2倍となる約100万台を達成。今後のフラッシュメモリ型の成長などに伴い、2011年には約300万台を目指すという。

一般的なビデオカメラとポケットビデオカメラの売り上げ推移 Xactiのこれまでの進化 Xactiの販売予測


(2010年 1月 8日)

[ AV Watch編集部 中林暁]



00
00  AV Watchホームページ  00
00

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.