◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

SKNET、フルHD AVCエンコーダ「MonsterHD 264」

−HDMI、コンポーネント入力装備で、実売49,800円


4月下旬発売

標準価格:オープンプライス


 エスケイネット(SKNET)は、USB 2.0でパソコンに接続する、1080p対応のMPEG-4 AVC/H.264ハードウェアエンコーダ「MonsterHD 264」を4月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は49,800円前後。対応OSはWindows XP/Vista/7で、Vistaと7は64bit版にも対応する。

 USB 2.0接続のMPEG-4 AVC/H.264ハードウェアエンコーダ。入力端子としてHDMIと、コンポーネント、S映像、コンポジット、アナログ音声を各1系統装備し、最高1,920×1,080ドット/30fpsでのAVCエンコードに対応する。HDMI入力は、1080pまでサポートしており、著作権保護された映像は取り込めない。

 MPEG-4 AVC/H.264のBaseline/Main/Highの各プロファイルに対応。ビットレートは256kbps〜16Mbps、フレームレートは15〜30fps。ファイル形式はMP4で、音声はAACとなる。エンコード時には、コントラストやブライトネス、色合いなどの調整も可能。GOPやAGC、各種色設定なども変更可能となっている。なお、法人・業務用に、有償でのSDKの提供も予定されている。

 映像入力を感知したら自動録画を開始、信号が途切れたら録画停止する機能も装備。また、iPodやiPhone用のファイル作成機能も備えている。さらに業務用を想定し、MPEG-2 TSからMP4(H.264)へのトランスコード機能も5月下旬をめどに追加予定としている。なお、暗号化されたファイルのトランスコードには対応しない。電源はバスパワーで供給。外形寸法は155×120×30mm(幅×奥行き×高さ)、重量は220g。


(2010年 4月 21日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]