◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ドコモ夏モデル、DLNA対応「LYNX」などスマートフォン強化

−フルHD動画やデザインを重視。“ドコモ品質”を訴求


5月21日より順次発売

標準価格:オープンプライス


1080p録画に対応した「SH-07B」

 NTTドコモは、携帯電話の2010年夏モデルを発表した。「STYLE」、「PRIME」、「SMART」、「PRO」の4シリーズ17機種とスマートフォン3機種の合計20機種を5月21日より順次発売する。

 そのうち17機種がワンセグ対応。また、PRIMEシリーズでは、動画撮影を強化し、新たに1080pの動画撮影に対応した「SH-07B」と「F-06B」も発売する。PRIMEシリーズの詳細については、別記事で紹介している。

 また、スマートフォンではシャープ製のパンタグラフキーボード搭載Android端末「SH-10B」を用意。Twitterやmixiなどのソーシャルサービスとの親和性を高めているほか、無線LAN(Wi-Fi)を搭載。YouTubeやWMV動画再生などに対応する。さらに、撮影した静止画や動画をAQUOSから再生可能にするDLNAサーバー機能も備えている。


型番 メーカー 発売日 ワンセグ 特徴
PRIME
SH-07B シャープ 5月28日 フルHD動画
1,210万画素カメラ
防水
AQUOSファミリンク
F-06B 富士通 6月 フルHD動画
1,320万画素カメラ
防水ヨコスライドモーション
Wi-Fi
N-04B NEC 5月27日 HD動画(720p)
1,220万画素カメラ
DLNA
Wi-Fi
P-04B パナソニック 5月26日 1,320万画素カメラ
超解像
スマートフォン
LYNX
SH-10B
シャープ 7月 Android OS
パンタグラフキーボード
5インチ/960×480ドット液晶
YouTube、WMV対応
DLNAサーバー
Wi-Fi
530万画素カメラ
dynapocket
T-01B
東芝 6〜7月 - 4.1型ワイドVGA有機EL
タッチパネル+
QWERTYキーボード
Wi-Fi
BlackBerry
Bold 9700
RIM 7〜8月 - QWERTYキーボード
Wi-Fi
SMART
N-07B NEC 6〜7月 amadanaケータイ
13.9mmアークスライド
本皮ケース
瞬撮ケータイ
SH-09B シャープ 7月 11.4mmスリム
国語、英和など
辞書内蔵
PRO
N-08B NEC 8月 4.6型/ワイドVGA液晶
12.7mmピッチ
フルキーボード
Wi-Fi
LUi機能搭載
STYLE
F-07B 富士通 5月21日 ヨコモーション
1,220万画素カメラ
顔認識(サーチミーフォーカス)
F-08B 富士通 6月 防水
イルミネーション
L-04B LG 6〜7月 - Studio Conranデザイン
ストレート
着せ替えツール
N-05B NEC 6月 Francfrancケータイ
エモーショナル
イルミネーション
クイックショット
N-06B NEC 6月 5色カラバリ
スリムデザイン
P-05B パナソニック 6〜7月 ティンクルイルミ
広角28mm810万画素カメラ
連続750時間待ち受け
P-06B パナソニック 7〜8月 防水
感圧式タッチパネル
広角27mm
1,320万画素カメラ
P-07B パナソニック 9〜10月 クリスタルパネル
ワンプッシュオープン
SH-08B シャープ 6月 防水
EMILIO PUCCIコラボ
SH-02B
marimekko
シャープ 7月 UNIKKO(ケシの花)デザイン
笑顔シャッター
オリジナルデコメ

大型液晶搭載でワンセグにも対応したAndroid端末「LYNX」 4.1型有機EL搭載の「dynapocket」 スマートフォンは8モデルで展開

 


■ スマートフォンに注力

 発表会で時間を割いて説明されたのは、「スマートフォンの拡充」と、「コラボレーションモデル」。

山田隆持社長

 スマートフォンについては、NTTドコモ 山田隆持社長が説明。4月に発売したXperia(SO-01B)の販売好調を紹介するとともに、9月にXperiaでiモードメール対応、さらに10月以降にAndroid Ver.2.1にアップグレードすることを発表した。

 続いて、Android採用のシャープ製端末「LYNX SH-10B」と、Windows Mobile 6.5.3 Professional採用の東芝製端末「dynapocket T-01B」、ビジネス向けの「BlackBerry Bold 9700」の3つのスマートフォンを紹介した。

 なお、従来ドコモは、PRO、PRIME、SMART、STYLEの4シリーズでそれぞれの特徴を訴求し、スマートフォンもPROシリーズに位置づけていた。今回からは「ドコモスマートフォン」と独立し、XperiaやLYNX、BlackBerryなどそれぞれの端末ブランドを活かして展開していく方針。

Xperiaは10月以降にVer.2.1にバージョンアップ スマートフォンカテゴリを新設 LXNXを紹介する山田社長

・LYNX

LYNX。2色のカラーバリエーションを用意 重量は230g

 LYNXは、シャープ製のパンタグラフキーボード搭載Android端末。5型/960×480ドットNewモバイルASV液晶を搭載や、無線LAN、キーボードの装備により、ブログやSNS、Webメールとの親和性を高めた点が特徴で、mixiやTwiiterなどのソーシャルサービスを楽しめる。キーボード以外にも、トラックボールやタッチパネルなど、複数の入力デバイスを駆使して操作できる点も特徴。mixiやTwitter、ブログ投稿用のウィジェットも装備する。

 また、YouTubeの再生に対応するほか、WMV動画やMP3/WMA音楽の再生に対応。ワンセグや530万画素CMOSカメラも備えている。スピーカーやmicroSDスロット、Bluetoothも装備する。OSはAndroid 1.6。カラーはRedとWhiteの2色

 さらに、シャープ製のAQUOSブルーレイとの連携機能を装備し、レコーダで録画したデジタル放送録画番組をLNYXに転送して再生可能。DLNAサーバー機能も備えており、LYNXで撮影した静止画や動画に、ネットワーク対応のAQUOSからアクセスし、再生できる。連続待ち受け時間は約280時間。外形寸法は148×83×17.8mm(幅×奥行き×厚み)、重量は230g。

LYNX。バタフライキーボードを採用 薄型のボディを採用 AVコンテンツ用ソフトウェアも搭載

・dynapocketなど

dynapocket

 dyanapocket T-01Bは、OSにWindows Mobileを採用した東芝製スマートフォンで、4.1型/480×800ドットのタッチパネル対応有機ELディスプレイと、QWERTYキーボード、無線LANを搭載。microSDカードスロットやBluetooth、無線LANなどを装備する。カラーはWhiteとTitanium Black。

 タッチパネル/キーボードでの操作が可能で、ユーザーインターフェイスは東芝独自の「NX!」を搭載。連絡先やメール、インターネット、カメラ、地図などの機能をすぐに呼び出し可能としている。

 TwitterウィジェットやFacebookウィジェットも搭載。320万画素オートフォーカス対応CMOSカメラも備えている。なお、ワンセグは非搭載。WMA/MP3のミュージックプレーヤー機能も備えている。外形寸法は123×66×12.9mm(幅×奥行き×厚み)、重量は約160g。

 BlackBerry Bold 9700は、PCメールなどを簡単に利用できるQWERTYキーボード付き端末の新モデルとなる。これらの新端末の投入により、スマートフォン8モデルで展開する。加えて、サムスンのGalaxy SをベースにしたAndroidスマートフォンも秋に発売と予告。9.9mmの薄型ボディにSuper AMOLED(有機EL)を搭載した端末となるという。

dynapocketはQWERTYキーボードを搭載。独自UIのNX!も BlackBerry Bold 9700 8モデルでスマートフォン展開
サムスン製の新スマートフォンも披露 薄さと有機ELディスプレイが特徴
ドコモ品質をアピール

 続けて、山田社長は、スマートフォン向けのメールサービスやコンテンツ決済、アクセス制限サービスなど「spモード」を導入することを紹介。2010年夏には「スマートフォンラウンジ」を東京丸の内に展開するという。

 また、アプリ販売の「ドコモマーケット」のコンテンツも年度内に現在の100から700コンテンツまで拡充するほか、9月にはコンテンツ決済サービスも展開。「高品質ネットワーク」と、「充実したサービス」という2点を「ドコモ品質」としてアピールした。

 スマートフォンの需要予測については、「2010年度で市場は300万台ぐらいだろう。そのうちの100万台を目標に売っていきたい。当初はXperiaが中心になるだろう」と語った。

 加えて、6月下旬にモバイルWi-Fiルータを発売することも紹介。Wi-Fi搭載携帯電話を無線LANアクセスポイント化できる「アクセスポイントモード」とともに説明し、ドコモの高品位なネットワークをポータブルゲーム機やPC、ポータブルプレーヤーなどと共有して利用できる点を訴えた。アクセスポイントモードの対応端末はN-06A(2009年夏モデル)、N-02B(2009年冬モデル)と、今回のN-04B、N-08B、F-06B。

 また、iPad 3Gの発表当初、SIMフリーで出ると予告されていたため、山田社長も決算発表の席などで、対応するMicroSIMカードの発売意向を示していた。しかし、日本においてiPadはソフトバンク扱いでSIMロックがかかる形で展開されることとなった。

 この件について、山田社長は「結果的にSIMロックがかかり、日本では(ドコモ回線で)使えないということになった。ただし、ドコモの3G回線を使いたいという人がいる。そのための手段として、(Wi-Fiアクセスポイント対応の)3機種も出したし、モバイルWi-Fiルータも出す。これらを使っていただく方法もあるのではないか。いずれにしろiPadだけでなく、今後増加するタブレット端末にも対応していきたい」と語った。

 なお、今回の発表にあわせて、パソコンなどの外部機器を接続した通信における「パケ・ホーダイダブル」の月額上限を値下げ。従来比で3,255円の値下げとなる10,395円とする。

Wi-Fiのアクセスポイントモードを訴求 モバイルルータで、“ドコモ回線”でタブレット端末利用をアピール

 


■ デザイン×コラボをアピール。健康増進サービス「iBodymo」も

永田清人 プロダクト部長

 NTTドコモ 執行役員 プロダクト部長の永田清人氏は、ブランドとのコラボレーション強化によるデザインやPRIMEシリーズのHDムービー機能などを紹介した。

 EMILIO PUCCI、Francfranc、kate spade、marimekko、Studio Conran、amadanaと協力したデザインと選択肢の豊富さをアピール。さらに、健康応援サービスとして、iBodymo(アイ ボディモ)というサービスを立ち上げる。

 iBodymoは、携帯電話を活用し、健康への気づきや行動をアシストするというサービス。日々の歩数管理やウォーキングジョギング履歴などの「運動サポート」、栄養バランスや摂取カロリーチェックといった「食生活サポート」、体を動かすゲームやメダルなどの「楽しんで継続」などのメニューを用意し、携帯電話を活用して健康管理できるというもの。月額利用料金は157.5円。ゲストには、堀北真希さんや岡田将生さんも登壇し、iBodymoの魅力をアピールした。

デザイン、カラーを訴求 iBodymoのトップメニュー 体幹トレーニングのデモ
堀北真希さんと岡田将生さんも登壇 堀北真希さん「楽しみながら健康に気づいてほしい」 岡田将生さん「これからは、『楽しむ健康』で。iBodymoをぜひ使ってください」

 


■ PROシリーズ

N-08B

 PROシリーズは、12.7mmピッチのフルキーボードを搭載した「N-08B」1モデル。4.6型/854×480ドット液晶を搭載し、microSDに対応する。iモードやワンセグ、BDレコーダ連携などの機能を搭載。無線LANも備えており、アクセスポイントモードにも対応する。

 NECのホームサーバークライアント「Lui」に対応。自宅のPC(Lui)を外出先のN-08から遠隔操作できる。WMA/SDオーディオ再生にも対応する。


 


■ SMARTシリーズ

 amadanaケータイ「N-07B」と、11.4mmと薄型のビジネス対応モデル「SH-09B」をラインナップ。いずれもWMA音楽再生やワンセグ、ブルーレイディスクレコーダー連携に対応する。

 N-07Bはamadanaがデザインしたモデルで3.3型480×854ドット液晶を搭載。0.8秒で起動するカメラやデザインが特徴。また、amadana brownモデルのみレザー加工のスペシャルリアカバーや本皮レザーケースなどが同梱される。SH-09Bはビジネス向けの薄型ケータイで、国語/英語/和英/新語など充実した辞書を搭載する点が特徴となっている。名刺リーダーやSDオーディオの再生機能も備えている。

amadanaケータイ「N-07B」 amadana brown SH-09B

 


■ STYLEシリーズ

F-07B

 10モデルをラインナップ。ブランドとのコラボレーションモデルが特徴。ワンセグはL-04Bを除く全モデルが、BDレコーダ連携はL-04、N-06Bを除く全モデルが対応する。

 F-07Bはヨコモーション対応の富士通製端末。1,220万画素カメラや6.2倍のスーパーデジタルズームなどを備えている。F-08Bは“シンプル防水ケータイ”と位置づけ、ekuboデザイン。IPX8防水対応で、水中1.5mでのカメラ撮影が可能。

 L-04Bは、LG製のストレート端末。176度の微妙な角度がついている点が特徴で、デザイングループ「CONRAN」によるデザイン。ロンドンの町をイメージしてデザインされている。


L-04B 176度の微妙な角度が特徴のストレート端末 F-08B

 N-05Bは、Francfrancとのコラボによるデザインケータイ。N-06Bは5色のカラーバリエーションが選択可能で、いずれもNEC製。

N-05B N-06B

 P-05Bは、輝く“ティンクルイルミ”が特徴で、kate spade new yorkとのコラボでデザイン。P-06Bはラウンドフォルムが特徴の防水ケータイ、P-07Bはシンプルなデザインと5色のバリエーションが特徴。

P-05B P-06B P-07B

 SH-08Bは、EMILIO PUCCIとコラボレーションした防水/防塵ケータイ。シャープ製で、画像処理エンジンProPixを搭載する。

 SH-02B marimekkoは、フィンランドの「marimekko」とコラボしたケータイで、「UNIKKO(ケシの花)」をあしらったデザインが特徴で、フォントやキーもオリジナルデザインを採用している。

SH-08B SH-02B marimekko UNIKKO(ケシの花)デザイン

(2010年 5月 18日)

[ AV Watch編集部 臼田勤哉]