◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

バンダイビジュアル、新作OVA 3作品を一挙に劇場上映

−.hack//Quantum、マジンカイザーSKL、コイセント


「.hack//Quantum」
(C).hack Conglomerate (C)Quantum Project
「マジンカイザーSKL」
(C)2010永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会
「コイセント」
(C)遷都2000年祭実行委員会

11月27日より順次上映


 バンダイビジュアルは、新作OVA 3タイトルを一挙に劇場上映するイベント「ANIME FES.”VS”Presented by BANDAI VISUAL」を11月27日から東京・新宿バルト9など、全国5館で実施する。

 上映作品は「.hack」シリーズ最新作「.hack//Quantum(クワンタム)」、「真 ゲッターロボ 世界最後の日」に続くスーパーロボットシリーズの新作「マジンカイザーSKL(スカル)」、SFアニメ「FREEDOM」を手掛けたチームが挑む、異色のSFラブコメ「コイセント」の3作品。さらに2011年1月22日からの上映では、現時点では未発表の新作1話も上映される。

 いずれもBlu-ray/DVD化が期待されるが、現在のところソフト化情報は発表されていない。バンダイビジュアルはイベントについて、「これまで多くのOVAを贈り出してきた、バンダイビジュアルが挑む、ファンとアニメの新たな出逢い」と説明している。

 なお、「.hack//Quantum」と「マジンカイザーSKL」は全3話構成、「コイセント」は1話構成で、上映期間によって上映される作品や話数が異なる。上映予定は以下のとおり。

  上映開始日 上映作品
バトル1 11月27日より .hack//Quantum 第1話
マジンカイザーSKL 第1話
コイセント
バトル2 12月25日より .hack//Quantum 第2話
マジンカイザーSKL 第2話
バトル3 2011年
 1月22日より
.hack//Quantum 第3話
マジンカイザーSKL 第3話
新作1話

 上映館は東京 新宿バルト9、横浜 横浜ブルク13、大阪 梅田ブルク7、京都 T・ジョイ京都、名古屋 伏見ミリオン座。詳細な上映情報はイベントの公式サイトを参照の事。

 11月27日からの上映(バトル1)は、8月8日から上記劇場窓口、およびプレイガイドにて前売りチケットの販売を開始。劇場で購入すると、前売特典としてミニポスター3種のうち、好きな1枚が先着でプレゼントされる。前売料金は1,500円(一般料金 大人:1,800円)、バトル2のみ 前売1,000円、(一般料金 大人:1,200円)となる。描きおろしイラスト使用のスペシャルセットチケット(バトル1、2、3が鑑賞できる前売券)も、.hack//Quauntumバージョンと、マジンカイザーSKLバージョンが2種類発売予定。



■.hack//Quantum

.hack//Quantum
(C).hack Conglomerate (C)Quantum Project

 ゲームやアニメなど、マルチメディア展開を続ける人気シリーズの、アニメ最新作。「.hack」3rdシーズンを飾る作品の1つと位置付けられており、新進気鋭のスタッフが参加。新しい「.hack」が作り出されるという。

 攻略不可能と言われる「ザワン・シン討伐」。無謀にもそこに挑む3人のパーティがあった。斬刀士トービアス、撃剣士メアリ、そして双剣士のサクヤ。彼女達は迷宮で道に迷い、モンスターに追われた挙げ句、ギルドメンバーを罠にはめてしまい、大惨劇を起こしてしまう。一方、そんな3人のドタバタを見つめているネコの姿があった。仕様外のその姿は果たしてPCなのかNPCなのか……?

 監督は橘正紀、脚本は浜崎達也、キャラクターデザイン・総作画監督は長谷部敦志。アニメーション制作はキネマシトラス。声の出演は花澤香菜、沢城みゆき、藤村歩ほか。



■マジンカイザーSKL

マジンカイザーSKL
(C)2010永井豪/ダイナミック企画・マジンカイザー製作委員会

 全く新しい「マジンガー」をコンセプトに作られる新作OVA。

 舞台ははるかな未来。日本近海の奇械島では、本能的に戦いを求める者たちが死闘を繰り広げていた。そこに現れた漆黒のロボットは、身の丈ほどの剣と百発百中の銃で敵を次々と血祭りにあげていく。禍々しくも雄雄しいその勇姿。その巨大ロボットをある者は魔神、ある者はカイザーと呼んだ!!

 監督はOVA版「スーパーロボット大戦OG」の川越淳。構成・脚本は早川正。アニメーション制作はアクタス他。声の出演は浅沼晋太郎、日野聡、早見沙織、檜山修之ほか。



■コイセント

コイセント
(C)遷都2000年祭実行委員会

 森田修平監督をはじめ、FREEDOMのスタッフが再結集した、SFラブコメディ。

 時は2710年。遷都2000年祭を迎える奈良。歴史保存と観光化のため、文化財などの建物を取り入れた超巨大ビルが並列して立ち並ぶ、そんな世界。高校2年生のシンイチは修学旅行で奈良を訪れていた。周囲はどこもシカ、シカ、シカ……。うんざりするシンイチだったが、その時、突如白いシカがシンイチのカバンを奪って逃げてしまう。

 奈良の街を激走する一頭と、それを追う一人。そんなドタバタの中、何者かに追われている謎の美少女トトを知らないうちに助けてしまう。そして、ひょんなことから、奈良の名所を巡るデートをすることに……。だが、トトを追っていた連中がシンイチ達を見つけてしまう。二人と一頭の運命は!?

 監督・脚本は森田修平、キャラクターデザインは桟敷大祐。アニメーション制作はサンライズ他。声の出演は小野賢章、寿美菜子、山口勝平、磯辺万沙子ほか。


(2010年 8月 9日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]