◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

スカパー!、スカパー! HD番組対応のHDD内蔵チューナ

−Wチューナ/320GBで32,800円。月額945円レンタルも


パナソニック製HDDレコーダ「TZ-WR320P」

 スカパーJSATは、スカパー! HD番組の録画に対応した、320GB HDD内蔵チューナ「TZ-WR320P」を11月22日より提供すると発表した。販売価格は32,800円、月額945円のレンタルも選択できる。申し込みはスカパーダイレクトで11月22日より受付を開始予定。

 パナソニック製のHDDレコーダ。HDD容量は320GB。最大の特徴は、現在83チャンネルのHD放送が行なわれている「スカパー! HD」の受信・録画に対応したこと。「スカパー! HD」放送の録画については、これまで、対応するBDレコーダとスカパー! HDチューナをLAN接続して録画する「スカパー! HD録画機能」が採用されているが、「TZ-WR320P」は1台で受信や録画ができるのが特徴。

 また、「TZ-WR320P」自体も「スカパー! HD録画機能」に対応しており、その他の対応録画機器とLAN接続することで、チューナで受信したスカパー! HD番組を、接続機器に保存することもできる。録画先は番組毎に指定可能。なお、本体のHDDに録画した番組を、外部にコピーやムーブする機能は無い。そのため、光ディスクに書き出したい番組は、BDレコーダなどの光学ドライブ搭載「スカパー! HD録画」対応録画機器にLAN経由で録画する必要がある。

 チューナは2基搭載しており、2番組の同時録画が可能。2番組録画中でも追っかけ再生が可能。なお、ダブルチューナの使用には、2ルームアンテナ、まはたマルチ衛星アンテナが必要(スカパー! チューナ用に出力端子を2つ搭載したアンテナ)。

 3D番組にも対応しており、チューナ側のリモコンで、3D対応テレビの3D表示モード切替が可能。これにより、3D番組視聴時には、テレビのリモコンを使わずに、テレビの表示を3Dに変更できる。なお、3D放送を受信した際に、テレビ側の3D表示モードへ自動的に切り替える機能も将来対応予定だという。

 また、3D番組視聴中にオンスクリーン表示されるメニューやチャンネル名表示のバナー、番組表を、3D視聴状態でも違和感なく表示する機能も装備。ただし、これらのメニューやEPG自体が3D表示されるわけではない。

 EPGのカスタマイズも可能で、チャンネル単位で1週間分のEPGを1画面に表示できたり、任意のチャンネルだけを集めたEPGも表示可能。シリーズ録画やキーワードによる自動録画も使用できる。ただし、シングルチューナモード時に自動録画はできない。

 出力はHDMI、D4、光デジタル音声を各1系統、コンポジット、アナログ音声を各2系統装備。Ethernet、モジュラージャック、SDメモリーカードスロットも備えている。外形寸法は360×258×59mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約2kg。消費電力は18W。


(2010年 9月 13日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]