◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

BIGLOBE、「ゆとりちゃん」をAndroid向けに有料配信

−3〜5話パックをアプリ形式で販売。100円から


アプリのイメージ
(C)BIGLOBE (C)アクタス

 NECビッグローブは21日、Androidのアプリ・コンテンツマーケット「andronavi(アンドロナビ)」において、BIGLOBEのオリジナルWebアニメ「ゆとりちゃん」の視聴アプリを販売開始した。有料販売となっており、価格は収録話や話数で異なる。第1〜5話のセットで100円など。詳細は下表の通り。

 本編映像はサーバーからのストリーミング配信で、その視聴機能を持ったアプリを購入する形式となる。対応機種はAndroid搭載スマートフォンで、対応プラットフォームはAndroid 1.6以上。

 本編配信は2010年12月31日までの期間限定となっており、アプリを購入すると、配信期間内であれば何度でも再生できる。機種変更した場合でも「andronavi」から再度ダウンロードし、新端末で視聴可能。配信期間を過ぎると視聴はできない。なお、配信は12月31日までだが、アプリの販売自体は12月17日までとなる。


  収録話 価格
vol.1 1〜5話(5話パック) 100円
vol.2 6〜8話(3話パック) 200円
vol.3 9〜11話(3話パック) 200円
vol.4 12〜14話(3話パック) 200円
vol.5 15〜17話(3話パック) 200円
vol.6 18〜20話(3話パック) 200円
vol.7 21〜25話(5話パック) 400円

Twitter機能も備えている

 アプリにはTwitter機能も備えており、「ゆとりちゃん」視聴後に、1話ごとのタイトルとともに、感想やコメントをツイートできる。さらに、ハッシュタグ[#yutorichan]を設定することで、視聴者同士で面白さを共有したり、コミュニケーションもできるという。



ゆとりちゃん
(C)BIGLOBE (C)アクタス
 「ここ数年で若者たちと接していると度々感じられる違和感、ジェネレーションギャップでは説明のつかない“変化”。そんな“ありえなさそうで実際にある”会社で起こったイタい(?)実話を拡大解釈し、コミカルに描く」というコンセプトの作品。

 主人公のゆとりちゃんは、中学生からエスカレーター式の女子校に通っている高校生で、玩具業界の中堅企業・ポプーのマーケティングチームへアルバイトとして配属される。「わからないことが無いよう教えてくれるのが先輩の仕事ですよね」等のマイペースな言動に先輩アルバイトのつめこみちゃんは、げんなり。

 なんとかゆとりちゃんと仲良くなろうと頑張るつめこみちゃんだが、 常識では当てはまらないゆとりちゃんの行動に、正社員のだんかいさんの励ましもむなしく途方に暮れてしまう。そんなつめこみちゃんの前に突然、笑顔のゆとりちゃんが現れて……。

 川口敬一郎監督、キャラクター原案POP、制作アクタスと、テレビアニメ「もえたん」を手がけたスタッフによる新作で、声優人は悠木碧(ゆとりちゃん)、花澤香菜(つめこみちゃん)、渡辺明乃(だんかいさん)などが起用されている。

ゆとりちゃん/CV:悠木碧
中学生からエスカレーター式の女子校に通っている高校生。ひょんなことから玩具メーカー「ポプー」にアルバイトでやってくる。本人はまったく気づいていないが、その自己中心的マイペースな言動でまわりをかき回し時には大惨事を起こすことも……。自分に優しい人に良くなつき、優しく仕事を教えてくれるつめこみちゃんのことが大好きである
(C)BIGLOBE (C)アクタス
つめこみちゃん/CV:花澤香菜
日本最高学府の国立T大に在学中の大学生。生活が苦しく、ポプーでアルバイトをしながら学業と仕事をこなす苦学生。平和な日々を過ごしていたが、ある日新しく入ってきた「ゆとりちゃん」に振り回されトホホな日々を送ることに……。見た目は大人しそうだが、かなりのしっかり者で努力家でもある
(C)BIGLOBE (C)アクタス
だんかいさん/CV:渡辺明乃
株式会社ポプーに所属する正社員。人生の全てを仕事にかけており、その仕事熱心さから上司にすら畏怖されている。その日の気分により持つアイテムが変わり、機嫌の良いときはピコピコハンマー、機嫌が悪い時には釘バットを持って社内を徘徊する。かなり男まさりな性格をしているが、実は……。ちなみに、部内で唯一、ゆとりちゃんを従わせることができる。
(C)BIGLOBE (C)アクタス


(2010年 10月 21日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]