◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

家電展示会「2011 International CES」が6日開幕

−事前イベントで三菱が3D対応DLPリアプロを展示


4日に行なわれた「CES Unveiled」の会場入口

 世界最大規模のコンシューマエレクトロニクス展示会「2011 International CES」が米国ラスベガスで1月6日(現地時間)より開幕する。

 開幕前日の5日より順次、ソニーやパナソニック、シャープ、ビクター(JVC)、Samsung、LGなどのメーカーがプレスカンファレンスを行ない、2011年以降の新製品や戦略を説明する予定。なお、既報の通り東芝は、4日に日本の報道陣向けに発表会を開催。4K対応テレビや「CEVOエンジン」などの今後の方針を明らかにしている。

 5日からのキーノートスピーチは、マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOらが行なう。今年の傾向として、AudiやFordといった自動車メーカーからも代表者がキーノートスピーチに登壇。Audiはプレスカンファレンスも開催する。

 これらのイベントに先駆け、4日には出展社が新製品を事前に披露する「CES Unveiled」を開催。三菱電機が2011年中頃に米国で発売予定の3D対応/92型フルHD DLPリアプロテレビを展示したほか、各社から発売前のiPod/iPad向け製品などが披露された。


プレスカンファレンスなどが行なわれるホテル「The Venetian」 4日時点ではプレス向けイベントのみ行なわれている 多くのプレスが詰めかけた「CES Unveiled」

 Unveiledで展示された三菱のリアプロは92型/フルHDのDMDパネルを搭載。3D表示にも対応する。2011年中頃発売予定で、価格は決まっていない。画面下部に16個のスピーカーユニットを内蔵し、音を部屋の壁に反射させてサラウンド再生が行なえることも特徴。映像だけでなく、音響でも3Dを楽しめるとしている。

 また、同会場には「2011 CES Innovations Awards」の製品もショーケースに展示。ソニーが米国で2010年10月に発売したGoogleTV対応の「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player(NSZ-GT1)」などが出展されていた。


三菱の3D対応DLPリアプロテレビ アクティブシャッターメガネを使って3D立体視が行なえる 16個のスピーカーユニットを内蔵
iPadを装着できる、WowWeeの小型DLPプロジェクタ「cinemin SLICE」 投写ユニット部。左側にはHDMIやアナログRGB(D-Sub 15ピン)の入力端子 iPodなどの音声をワイヤレスで伝送できる、orbitsoundの2.1chアクティブスピーカー。2011年第1四半期発売で、価格は599ドルを予定
D-LinkのHDMI/SDスロット搭載ネットワークメディアプレーヤー「Boxee Box」。199ドルで発売中 「Boxee Box」の画面 背面端子部
Innovations Awards受賞の「Sony Internet TV Blu-ray Disc Player(NSZ-GT1)」 同じく受賞製品のGoldenEar Technology製5.1chスピーカー「SuperCinema3」 Sleek Audioのワイヤレスイヤフォン「SA7 Wireless Hybrid Earphones」


(2011年 1月 5日)

[ AV Watch編集部 中林暁]