◇ 最新ニュース ◇

2014年12月18日

2014年12月17日

2014年12月16日

【Watch記事検索】

ビクター、2ドライバ内蔵のカナル「HA-FXT90」

−業界初、2基のダイナミック型を並列配置。約1万円


カラーはブラックとレッド(LTD)の2色。レッドは数量限定

 日本ビクターは、業界で初めて、2つのダイナミック型ドライバーを並列に配置したカナル型(耳栓型)イヤフォン「HA-FXT90」を4月下旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万円前後。カラーはブラックとレッド(LTD)の2色を用意するが、レッドモデルは数量限定となる。

 最大の特徴は「ツインシステムユニット」と呼ばれる機構で、2つのダイナミック型ドライバを並列に配置し、内蔵している。低音域用、中高音域用の2つで、それぞれの音域に最適化したドライバーを組み合わせることで「迫力の重低音とクリアで豊かな中高音域再生を両立した」とする。

 なお、2つのユニットを搭載しているが、2ウェイではなく、帯域分割用のネットワークは内蔵していない。中高音域用と低域用ユニットには同じ信号が入力されており、ユニット自体をチューニングする事で、それぞれが受け持つ帯域での特性を向上させている。そうして出力された音を重ね合わせることで、厚みのある音を耳に届けられるという。

数量限定のレッドモデル ツインシステムユニットを取り出したところ。上が中高音域用、下が低域用のユニット ツインシステムユニットの裏側
分解したところ。2基のユニットから放出された音が、ノズルを通り重なって耳に届くようになっている 再生周波数のイメージ

 このため、2つのユニットでは、振動板のコーティング材料、基材の厚み、マグネット、ボイスコイルなどが異なり、それぞれに最適化設計されている。中高音域ユニットの振動板には、軽量で剛性の高いカーボンナノチューブ素材を採用。これは、振動板によく使われるPETフィルムに、結晶構造がカーボンとは異なる、高強度なカーボンナノチューブをウェットコーティングしたもので、軽量かつ応答性に優れ、歪を抑えたクリアな再生音を実現できるという。

 低音域用のユニットには、カーボン振動板を採用。この2つのユニットを、比重の大きい金属を採用したメタルユニットベースに組み込んでおり、不要な振動を抑えている。なお、ユニットのサイズは中高音域、低音域のどちらも5.8mm径となる。


カットモデル。2つのダイナミック型ドライバーを搭載しているのがわかる ツインシステムユニットを抜き出したところ。上が中高音域用、下が低音域用ユニット 分解したところ

 再生周波数帯域は8Hz〜25kHz。インピーダンスは12Ω。出力音圧レベルは107dB/1mW。最大許容入力は150mW。

 シリコンイヤーピースはS、M、Lの3サイズを同梱。ケーブルの長さは1.2mのY型で、入力はL型のステレオミニ(金メッキ仕上げ)。レッドモデルは編組ケーブルとなる。長さ調節用のキーパーや、ふらつき・タッチノイズを抑えるクリップも付属する。ケーブルを含まない重量は約6.8g。キャリングケースも同梱する。

イヤーピースを外して横から見たところ。ハウジングが縦長なのが印象的だ レッドモデルのケーブルは編組タイプとなっている キャリングケースも付属する


AVコミュニケーション統括部 技術部 第一設計グループの田村信司氏
 5日に都内で開催された発表会では、AVコミュニケーション統括部 事業推進部 商品企画グループの澤田孝氏が開発意図を説明。「もっと音の迫力が欲しい」、「ボーカルをもっとクリアに」といったユーザーの要望が多い事から、“迫力ある低域と、クリアな中高音域”の両立を目指して開発を開始。その際、スピーカーのマルチウェイ方式に着目。「この方式は1つの理想型だと考え、これをカナル型イヤフォンに取り入れられないかと考えた」という。

 しかし、通常のダイナミック型イヤフォンで採用されているユニットを、そのまま何個も内蔵すると、イヤフォン自体が大きくなり過ぎてしまうという問題がある。だが、ビクターはHA-FXCシリーズで「マイクロHDユニット」と呼ばれる超小型のユニットの技術を持っている。そこで、「この技術を応用する事で、耳のフィット感を落とすことなく、小さなハウジングの中に、複数のユニットを配置する事ができた」(AVコミュニケーション統括部 技術部 第一設計グループの田村信司氏)という。


ブラックモデル


(2011年 4月 5日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎]