◇ 最新ニュース ◇
【Watch記事検索】

ソニー、Android 3.0搭載「Sony Tablet」を秋以降発売

−9.4型「S1」、5.5型×2の「S2」。AV連携/PSゲームも


ソニー「S1」(左)、「S2」(右)

 ソニーは26日、Android OS 3.0を採用したタブレット端末「Sony Tablet」(ソニータブレット)を2011年秋以降に全世界で発売すると発表した。9.4型ディスプレイを備えた「S1」と、5.5型のディスプレイを2つ搭載、折りたたみ可能な「S2」の2機種を用意。いずれもコードネームとなっている。

 9.4型の「S1」は「リッチ メディア エンタテインメントを提供するもの」、5.5型の折りたたみ型「S2」は「モバイル コミュニケーション エンタテインメント」向けと位置付けられている。


手に持ったところ
 Android OS 3.0を採用し、通信機能は無線LANとWANに対応。Webブラウジング、メールに加え、ネット上での動画再生、ゲーム、電子書籍などが楽しめる端末になるという。

 

 9.4型の「S1」は、重心を片側に寄せた偏重心デザインを採用することで、「手にしたときの軽量感と安定したホールド感を実現した」というモデル。長時間使用での快適性を追求しており、大画面を活かし、コンテンツを快適に操作・閲覧できるとする。

 「S2」は5.5型のディスプレイを2枚搭載し、折りたたむことでコンパクトに携帯可能。小型化と、2つのディスプレイを合わせた大画面の利便性を両立するという。また、1つの画面に映像、もう1つの画面に操作ボタンやソフトウェアキーボードを表示するなどして「従来のタブレット端末とは異なる閲覧性と操作性を実現している」という。

S1(左)とS2(右) S2を側面から見たところ S1の側面
日本語では“サクサクテクノロジー”とのこと ブラウザでの表示などの速度を比較 S2のキーボードは下画面に。キーなども独自でデザイン

 

4つの独自性をアピールした
 ほかにも、独自の即応性技術を投入し、タッチパネル上の操作やブラウザの表示を快適に行なえるという。同社はこれを「Swift & Smooth Performance」、日本語では“サクサクテクノロジー”と呼び、高速で快適な操作性を訴求していく。

 コンテンツ面では、ソニーのネットワークサービスプラットフォーム「Qriocity」と連携し、映像や音楽コンテンツを提供。ビデオオンデマンドのサービスでは、購入前に画面内でプレビューできるほか、購入後のダウンロード中に再生することも可能。音楽は、Qriocity Music Unlimitedに対応。現時点で700万曲のライブラリが楽しめるという。また、iTunesやWMPの楽曲もQriocity Music Unlimitedで管理でき、「マイライブラリ」からそれらの楽曲が利用可能。

 さらに、タブレット端末で初の「PlayStation Certified」端末であり、 PlayStation Suiteで、初代プレイステーションのゲームを楽しむ事ができる。電子書籍はオンラインブックストア「Reader Store」と連携する。


Qriocityの動画選択画面 S1での動画再生画面 S2で電子書籍を読むときは縦持ちに

 

動画の購入画面 ダウンロードマネージャーの画面 S2の動画再生では、上画面が動画、下がコントロールパネルとなる
ゲーム画面(クラッシュバンディクー)。左がS1、右がS2

 AV機器との連携機能も用意。タブレットから家庭内の機器をコントロールできるほか、「S1」は赤外線機能を使い、BRAVIAのテレビなど、様々な機器のリモコンとしても使える。さらに両機種とも、DLNAで接続することで、タブレットに保存した写真や動画をテレビに表示したり、音楽をワイヤレススピーカーから再生する事もできるという。

 

S1のコンテンツを、DLNA経由でテレビで再生したところ テレビなどの赤外線リモコンとしても利用可能 発表会では、スライド収納式キーボードの「フリースタイルハイブリッドPC」をVAIOブランドで発売することも予告。詳細は今後明らかにされるという

【S1】

【S2】




■ 本格的なクラウド時代の価値を提案

 

最初に登壇したのは平井一夫氏
 今回の発表会は、「新製品発表会」ではなく、「ソニー ITモバイルミーティング」として開催。ハード/ソフトウェアとネットワークの連携を軸とした、ITモバイルビジネスの今後の展開について説明が行なわれた。

 4月1日付で代表執行役副社長に就任し、コンスーマープロダクツ&サービスグループのプレジデントを務める平井一夫氏は、今回の新端末を含む、同社のハード/ソフト両面を活用したユーザー体験の提供について紹介。

 4月から発足したコンスーマープロダクツ&サービスグループは、全てのコンシューマ製品事業と、それらをつなぐネットワークサービス事業を担当。統括する平井氏が今年このような記者会見に臨むのは、1月のInternational CESと、PlayStation Meeting 2011に続き、今年3回目となった。

 平井氏は「これまで一貫してハードとソフト、ネットワークを融合して新しいユーザー体験を創造するテーマを実現するさまざまな発表を行なった。4月からの新組織の戦略については改めて話す機会があるのが、今回一つだけ申し上げたいことがある。お客様の好奇心を刺激するソニーらしい体験を創造する、というということは(前組織の)NPSGから変わらない。すべてのエレクトロニクス製品とネットワークが一つの傘に集まったことで、その推進の速度を増して、さらに価値を創造していきたい」と宣言した。

 また、「これからは本格的なクラウド時代を迎える。膨大なデータをネットワーク経由で引き出して楽しめる、クオリティの高いエンターテインメントを自由に楽しめることは大きな価値。ビデオや音楽、ゲーム、電子書籍を含む多彩なコンテンツやサービス、コミュニケーションを通じた新しい顧客体験を実現していく」とした。

 平井氏は冒頭、東日本大震災についても言及。被災者を見舞う言葉を述べ、「私たちも被災地に多くの事業所を持ち、ビジネスパートナーの多くが拠点を持っている。被害を受けた方々が冷静な行動をとり、復旧を目指す姿には感銘を受け、元気づけられた。多くの課題を持って新年度を迎えたが、ソニーも日本を元気にする一助になりたい」と語った。


■ アプリ追加やアップデートで進化を継続

 

鈴木国正氏
 新製品を紹介したのは、同グループのデピュティプレジデントである鈴木国正氏。「タブレットの可能性をさらに広げる2つのタイプを用意した」とし、家庭内での利用を想定した大画面の「S1」、持ち運びを考慮した2画面の「S2」を披露した。

 「Swift & Smooth Peformance」については、ウェブアクセスだけでなく、グラフィックやタッチパネルのレスポンス、アプリケーションの操作性を含めて強化したことに触れ、「ハードだけでなく、コンテンツ、サービスを提供する私たちにとって、タブレット本来の目的であるストレスの無い使用感を実現した」と自信を見せた。

 快適な動作を実現するため“サクサクテクノロジー”は、Wi-FiやWANなど、無線環境のウェブブラウザ閲覧に効果的なもので、特に無線スピードが不安定なときにより効果を発揮するという。「よく使われる機能であるウェブ閲覧に徹底してこだわり、Adobeと協業し、フラッシュベースのオンラインビデオやウェブアプリケーションをフルに楽しめる」(米ソニーエレクトロニクス タブレットマーケティングディレクターの高柳太一氏)という。

 加えて鈴木氏は、「発売後もアプリケーションの追加やアップデートで進化を続け、さらなる顧客体験とリッチなエンターテインメント体験を提供したい」と述べた。


■ “Androidの父”を刺激する端末。今後はVAIOにも新展開

 

ルービン氏は、震災の被害についてもコメント。同社がこれまで様々な施策や義援金を提供してきたことに触れ「今後もサポートを続けていきたい」と語った
 発表会場には、“重要なパートナー”として、米Googleのモバイル担当上級副社長であるアンディ・ルービン氏が登場。

 「Androidの父」として知られるルービン氏は、子供のころにかかったという“熱病”を振り帰る。「父は小さなビジネスを持つ起業家だったが、その内容は、外国の企業がアメリカで製品を販売する手助けをするものだった。最大の顧客はソニーで、アメリカで発売する新製品をよく家に持って帰り、“ユーザー調査”を子供を使って行なっていた。最初のウォークマン、CDプレーヤーなどのプロトタイプに触れることができ、友人からも羨ましがられたが、この時にかかった“ガジェットフィーバー”から、Androidのビジネスを始めるのに至り、それがGoogleの目に留まった」と語った。

 今回発表されたS1とS2について「革新的なハードウェアデザイン、UIだけでなく、ソフトウェアやネットワークサービスを加えて、ソニーならではのユニークなものにした。発売された暁には、子供のころと同じように最初のオーナーとなりたい」と個人的にも大きな関心を持っていることを明かした。これに対し、ソニーの鈴木氏は「フリーサンプルを差し上げざるを得ない」と笑顔で応えた。

 鈴木氏は最後に、タブレット以外に新たなPC製品の展望についても言及。2011〜2012年は、タブレットとともにWindowsベースのノートPCも、新興国需要を中心に引き続き伸びていくとみており、そこに2種類の“特徴あるVAIO”を投入することを明かした。

 一つは、PCとしての性能を妥協なく追求し、ユーザーの可能性を高めるという「Ultimate Mobile PC」。もう一つは、タッチパネルでのウェブブラウジングと、PCとしての生産性を高次元で両立したという「Freestyle Hybrid PC」と紹介。「Freestyle Hybrid PC」はスライド収納式のキーボードを採用するなど、独自のデザインを採用していることなどが特徴となっている。これらの製品については、今後詳細を明らかにしていくという。

 鈴木氏は「今後も感動を提供し、好奇心を刺激する会社でありたい。続々と新しい商品を投入して、メディアの皆様を忙しくさせるので、期待して欲しい」と締めくくった。

 

PCとしての性能を追求したUltimate Mobile PC スライド式キーボードのFreestyle Hybrid PC

 


(2011年 4月 26日)

[ AV Watch編集部 山崎健太郎/中林暁]